スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    お花見2018

    今年の春は、桜の満開と晴天が重なって、お花見を思いっきり満喫できました。

    週末から、計3か所のお花見にでかけることができました。


    何より、海よりも山よりも、どんな旅行より桜が大好きなフジ子家にとって、お花見は特別イベントなのです。


    まずは一か所目。

    P1070277.jpg

    海の見える公園の桜の木の下で、シートをひいて久しぶりのピクニック。


    P1070278.jpg
    「お久しぶりです」

    桜の匂いは、きっとフジ子にとって、飼い主のハイテンションと楽しいお出かけの記憶と結びついてるのでしょう。

    P1070299.jpg
    「クンクン」

    桜の下につれてくると、満面のスマイル。

    P1070304.jpg

    年末、ワクチン接種の直後から体調を崩し、年明け早々に足の皮膚に腫瘍ができてしまって経過観察中のフジ子でしたが、

    細胞診の結果が良かったのと、ホメオパシーのおかげで、だいぶ元気になりました。


    P1070281.jpg

    こんなに元気になって、みんな揃ってお花見できる幸せ。何にも替え難い。


    オトーサン、オカーサンのお弁当の間、フジ子は、大好きなカマンベールチーズのおこぼれがもらえるから、ずーっとエラく賢い顔をして「お座り」」ポーズ。

    フジ子、伏せていた方が、楽なんだよ(笑)。

    P1070311.jpg

    満開の桜の向こうに、お船が出航していきました。

    ふふっ、名前。なんだか縁起がいいような・・・。





    2か所目は、球場そばの河原の桜並木。

    初めてここでカープの試合を見に来たんだったっけ・・・。

    「フジ子は苦手なお留守番頑張って、ケージの中にトイレシーツで山盛りアートを作ってたねぇ。」

    なんて、オトーサンとの会話も、やたらとフジ子の思い出話になる。

    (って、フジ子、生きてるのに、ヘン?!な私。)



    満開の桜の木の下では、たくさんのひとがバーベキューや酒盛り、お昼寝をしたり写真を撮ったり。

    桜の木の下を通るひとは、みんな笑顔だ。(犬も。)

    一人で桜を見に来た人も、家族で楽しむ人も、職場の仲間で盛り上がる人も。

    みんな、ほんとうに幸せそう。

    桜って、すごいなぁ。

    P1070356.jpg

    こんな平和と幸せが、ずっと続きますように、となんだか祈るような気持ちになる桜並木の下なのでした・・・。

    P1070365.jpg



    3か所目は、人間ドックで半日あがりだったオトーサンのおかげで、平日にちょっと遠出して、円通寺の公園。

    P1070371.jpg

    散り始めた桜が舞って、トンネルの下に大きな絵のようなタペストリー。

    歩く足が止まってしまう程、美しかった。

    P1070375.jpg
    「早く降ろしてよ~。」

    腫瘍が自壊してしまったので( ;∀;)、大事をとってお靴をはいてのお散歩のフジ子なのでした。


    P1070414.jpg
    桜の絨毯の上を、お散歩。

    「オトーサン、オカーサン。早く早く~。」

    (ささやかなおしゃれ?でお靴も桜色にしてみました。)

    P1070398.jpg

    ちょっときつい坂道、いつの間にかフジ子に引っ張られる飼い主・・・。

    あれ、2年前のデジャブ。相変わらず、しっかり者の娘です。

    P1070403.jpg

    桜のトンネルの坂道、登り切りました~(飼い主もフジ子も、ちょっと息切れ)。

    P1070301.jpg


    桜さん、また来年~♪

    スポンサーサイト

    テーマ : 犬との生活
    ジャンル : ペット

    6歳になりました♡

    フジ子、無事6歳(推定)になりました。

    今年のフジ子は病院通い続きでした。

    オトーサンと交代でリビングにペットシーツを敷き詰めて車中泊マットで交代で付き添った時期もありましたが、こうして元気になって6歳を迎えられたことに感謝、感謝です。

    肝臓の値がかなり悪かったので、ずっと遅れていた狂犬病のワクチンも、先日ようやく打てました。

    正式譲渡のその日に打った三年前の11月1日から、みんなと一緒の4月に少しずつ時期をずらして合わせようとしたけれど、また11月にもどってしまったね。

    今年は、お誕生日に、フジ子が楽に横になれるサイズのバギーを新調しました。

    とにかく間口が広くて乗り降りのときにも体が曲がらず負担がかからないものを、とサイズを色々はかって、結局「多頭用バギー」というのになりました。

    P1001253.jpg

    ジャンッ♪

    気に入ってくれたかな。


    そして、お誕生日当日は~

    P1001284.jpg
    大好物のサツマイモのケーキとトマトのサラダ。

    の前に、オトーサンとオカーサンの”ハッピーバースデー♪”の大合唱で、「マテ」状態。

    (迷惑だっていうの・・・)

    P1001295.jpg

    「早くしていただけないかしら?」


    P1001285.jpg

    はい、どうぞ召し上がれ。


    P1001287.jpg

    瞬殺で食べ終わったら、こんなワイルドな顔に・・・


    さっそく、バギーでお散歩に。

    最近、長く歩くと疲れる様子なので、バギーに乗せたり降ろしたりでのお散歩です。

    P1001301.jpg

    ふふ、なんだかうれしそう。
    体が伸ばせて、楽なのかな。


    P1001274.jpg

    でも、下におろすと子の様子。

    P1001275.jpg

    そりぁ、やっぱり、歩くのが気持ちいいよね。


    P1001270.jpg

    そうそう、お誕生日の前夜祭で、ハロウィーンのカボチャパンも食べたね。
    (餡のとこだけね。)

    ただいま絶賛ダイエット中のフジ子のひそかなお楽しみでした。

    P1001266.jpg

    安らかなこの寝顔に、いっつも癒されっぱなし。


    最初は怖がりな子だったけれど、最近は「この家の中で危ないことは起きない」とほぼ確信したらしく、マンションの工事の大音量にもお腹をぱっか~んして爆睡する大物っぷり。

    フジ子の様子をみていると、私もダンナサンも笑いが絶えません。

    飼い主の具合が悪いときは、お布団の中で離れようとせず、体を押し付け寄り添う姿に涙したことも・・・。


    何度も何度もフジ子の同じ話を繰り返したり、同じ写真を見ている堂々たる親バカです。


    ありがとう、フジちゃん、うちに来てくれて。

    139f9232ed58d9adeffd707b4cebcb9a_20171110122515118.jpg

    今でも、3年前のフジ子との「運命の出会い」の写真をふと取り出して見ることがあります。

    そう、この目にやられたのでした。

    なんと愛おしい、訴えかける目。

    P1001272.jpg

    この子が、もうこんな必死な目をせずに、ずっとこうしてお日様にあたって、

    日がな一日寝息を立てていられますように。

    だって、それが本当のフジ子だったんだろうという気がするから。

    ゆるいゆるい、究極の平和犬。


    来年の誕生日も、元気で平和に迎えることがでいますように。

    フジちゃん、よく来てくれたね。

    ほんとうに本当にありがとう。


    沢山の感謝をこめて、”ハッピーバースデー♪”


    【おまけ】
    P1001306_20171110122742cc4.jpg

    サイズアップしたから、カープレッドのドライブ用ハーネスも新調。

    また、いっぱいいろんなところにお出かけしようね~、フジ子♪


    お久しぶりです

    お久しぶりです。

    フジ子です。

    P1001126.jpg


    元気です。


    ・・・と、言いたいところだけれど、この半年、あたいは大変だったわ。



    「ボウコウエン」っていうのに、何度もなっちゃって。



    もう、痛いったら・・・・。ほんとうに、辛いのよ。



    何度も何度もトイレにもどっても、お腹痛いばっかりで、オシッコでないし。



    あげくに真っ赤なオシッコでちゃって、オカーサンはヒメーを上げるし。



    私はそれにびっくりして、走り回ったわ。



    結局夏中、ずっと病院にかかりっぱなしだったなぁ~。



    オカーサンは器用じゃないから、看病中はすっかりブログもさぼっていたけど、仕方ないわね。



    いっぱい、いろんな検査を受けたけど、結局原因はわからなくって、



    でも、検査のついでに「低アルブミン血症」っていうのになってるっていうのがわかって。


    「キケン」っていわれる値だったんですって。



    簡単にいうと、栄養失調みたいなものらしいんだけど、


    私結構食べてたんだけど、「体重管理用」なんていうフードがいけなかったのかしらね。


    先生が


    「いまは、太ってもいいから、沢山食べさせましょう。」


    って言ってくれたもんだから、私の大好きな鶏肉野菜スープ山盛りのゴハンで、ちょっと嬉しかったわ。


    「抗生剤」は、飲むたびに痛いのは治るけど、お腹の調子がよくなくなるので、あんまり好きじゃなかったのよね。



    でも、「ベルキュア」とかっていう「低アルブミン血症」の子の「オヤツ」が、なんだか具合がよくなって好きだったわ。



    そんなこんなで、しばらく「食べ放題」で、すっかり太ちゃった。



    この前ついに、ようやく普通のアルブミン値っていうのに戻ったんだって。



    オトーサンもオカーサンも、先生も、ばんざ~いしてたけど、食べ放題はこれで終わりみたい。



    だから、ベルキュアのオヤツも、もうなくなっちゃった。


    大好きなかつおぶしの味がして、お気に入りだったんだけどな。



    今年は冷房のないところだと、すぐに病気になっちゃうからあんまりお散歩に行けなかったんだけど、



    これからは、お外にも沢山行けそうよ。



    フジ子の夏、今年のイベントはあんまりなかったけど・・・・。


    そうそう、ニュースといえば。


    春に、大好きなオジーチャン、オバーチャンが来てくれたのよ。

    P1070055.jpg

    オバーチャンは、ほんとはワンコは苦手だったらしいけれど、あたいには優しくしてくれるのよ。

    正直いうと、オカーサンより優しいわ。

    P1070062.jpg

    オジーチャンは、じぃ~っと海を見ていたけれど、何を考えていたのかしらね。

    P1070121.jpg

    フジ子の街には、たくさんバラがあって、お花が大好きなオジーチャン、オバーチャンは、大喜びだった。

    あたいは、「いつもここを歩いているんですよ。」って、いっぱい案内してあげたわ。

    P1070077.jpg

    「お好み焼き」のお店にも、入れてもらえたの。

    オバーチャンは、オバーチャンのところにないソースの味が、またたまらなく美味しいっていってたわ。

    でも、おじーちゃんは、「尾道ラーメン」のほうが、好きだったみたい。

    人間は、いろいろな味のものが食べられて、いいわねぇ。

    P1070073.jpg

    あたいの息が苦しくなると、オバーチャンがすぐ「ひえひえ」を当ててくれて、嬉しかったわ。

    あたいは、具合が悪くたって、みんなとお出かけするのが大好きなの。

    ずっと、ずっと、みんなと一緒にいたいんだもの。


    P1070153.jpg

    最後の夜は、また「お好み焼き」。

    今日のは、オトーサンの好きな「府中焼き」っていうのらしいわ。

    オバーチャンが、こっそり、味のついていない柔らかいキャベツをくれてたの。

    美味しいのなんのって、もうそれ以来「やみつき」よ。


    オジーチャン、オバーチャン、また来てくれないかな。

    でも、あのあとすぐに、オジーチャンは心臓の手術をしたんですって。

    だから、今度はフジ子が会いに行かなきゃね。

    早く、元気にならなくっちゃ。


    今年の夏は、あんまりお出かけできなかったんだけど。


    P1001148.jpg

    ちょっと涼しい日には、ソフトクリームの美味しいお店に一緒に行って、おすそ分けもらったり、

    P1001248.jpg

    オトーサンの横で、「番犬」したり。

    P1001184.jpg

    ベッドが暑いときは、オカーサンのヨガマットをちょっと拝借。

    これが、ムニュムニュで気持ちいいのなんのって・・・。

    あたい的には、今年の夏のマイブームね。

    P1001243.jpg

    カープの「ヒエヒエ」を首に巻いてもらって、野球観戦だってしてたわ。

    あたいは球場に入れないから、お家で応援なの。

    でも、あたいの応援が、今年も少しは届いたはずよ。

    P1001156.jpg

    だって得点したら、この「歓喜の舞」で、応援頑張りましたから。

    P1001176.jpg

    今年は、「食べ放題」の一環ってやつなのかしら。

    オトーサンとオカーサンが、「えいよう」のあるご馳走を、ときどき分けてくれたわ。

    このエプロン、イカしてるでしょ。

    もちろん、ご相伴にあずかるコツは、「ただひたすら静かに待つ」よ。

    P1001234.jpg

    でもね、「食べ放題」のせいか、あたいはだいぶ大きくなったみたいで。

    P1001242.jpg

    オカーサンは、「フジ子、大型犬なみの存在感」ってからかうの。

    意地悪よね。

    オカーサンは、あたいとオトーサンが仲良しだから、ヤキモチってやつかしら。

    P1001230.jpg

    でも、いいの。

    あたいは、オトーサンの横が大好き。


    秋になって、少し涼しくなったから、長い散歩にも連れて行ってもらえるようになったのよ。

    P1001186.jpg

    あ~、気持ちいいったら。

    P1001187.jpg

    ん、でも、やっぱり、ちょっと大きくなちゃったかしらね。

    3年前、初めてオトーサンとオカーサンに連れられてここを歩いたときは、今の半分くらいの細さだったわ。

    そうそう、もうすぐ、あたいのお誕生日。

    オトーサン、オカーサンと一緒にくらして、3年が経ったんですって。

    今年も、サツマイモのケーキ、貰えるかしら。

    P1001190.jpg

    それじゃ、またね。








    テーマ : 犬との生活
    ジャンル : ペット

    フジ子のGW

    GW直前に膀胱炎再発してしまい元気のないフジ子。


    ドッグランとかは、無理そうなので、近場で、犬連れで、ゆっくりできるところというと・・・・


    冬にイルミネーションを見に行ったことのある備北丘陵公園へ。



    県内各地で今年最高気温を各地で記録・・・というだけあって、かなり暑い、暑い。

    早速、フジ子もアイスノンを仕込んだのを首に巻いて出陣しました。

    P1001085.jpg

    「暑いです・・・。」

    が、あっという間にバテテしまいました


    木陰に戻って、オトーサンの急速アイシング。

    P1070014.jpg
    『そこです、そこ。』

    (口が半開きなフジ子

    P1070013.jpg
    『首の後ろも、お願いします。』


    P1070012.jpg

    大きなあくびをして・・・

    P1070003.jpg

    冷え冷え枕に、コテッ・・・。

    P1070001.jpg
    『気持ちえぇです。』

    P1001088.jpg

    間もなく、こんな姿でコテッ・・・。

    草原の真ん中で、仰向けになって爆睡する犬一匹。


    通りがかりの少女が、無言でお父さんのTシャツの裾をひっぱり、フジ子を指さして目をまん丸にしていました。


    そうだよね・・・。


    ワンコが外でこんなカッコしてひっくり返って爆睡してるの、見たことないよね。


    野生のかけらも残っていない模様。


    P1001096.jpg

    日の傾きに合わせて?フジ子のパッカーンも少しつづ傾いて・・・・


    それでもやっぱり、ぎりぎりひっくり返ったまま、小一時間、この姿勢で爆睡。


    人が走って通り過ぎようと、子供が大泣きしようと、あげく他所のワンコが吠えながら通ろうと・・・・


    ちょこっと薄目を開けて、「安全確認」?すると、また爆睡。


    飼い主のそばで安心してくれるのはうれしいいのだけれど、


    こんなに野生がなくなってしまって良いものなのだろうか。


    P1001097.jpg


    目が覚めると、気持ちよさそうに、人みたいな恰好して寝転がったまま、


    こちらをチラッと見上げてゴロ~ン、ゴロ~ン。


    まるで、


    『気持ちいいですねぇ、オトーサン。』


    『来て、良かったですよねぇ、オカーサン』


    って何度も言ってるみたいなまん丸な目で見上げるフジ子の嬉しそうな顔にやられっぱなしの、


    オトーサンとオカーサンなのでした。


    県北の桜は少し遅いらしく、残っていた桜が、時折風で吹雪のように舞ってきて、


    去りがたい気持ちになる、穏やかな初夏の午後でした。


    P1070020.jpg


    色んな種類のチューリップも、沢山咲いていました。


    今年のGWはお天気もよさそう。


    フジ子、膀胱炎早くよくなるといいね。

    故郷は、遠きにありて思ふもの・・・

    先週、お天気が崩れる前に、天気予報を見て慌てて今年の桜の見納めに近くの公園へ・・・

    P1001054.jpg

    もう、桜散っちゃうんだねぇ。

    桜って、惜しげなく与えて、潔く去っていく。

    「またね・・・」って。

    P1001047.jpg
    『ええ、アタイもシンミリです。』

    フジ子のしんみりは・・・

    P1001046.jpg

    オヤツがでたら、すぐ回復。

    P1001045.jpg

    思えば遠くに来たもんだ・・・・。


    毎年桜の季節になると、なぜか不思議と、遠く離れた友人を思い出す。


    思えば、人生の節目節目に、


    いつも大切な友人と、お花見をして、そして惜しげなく応援してもらって、送り出してもらったなぁ。


    P1001057.jpg


    そんな彼女たちの優しい微笑みに、また元気で会うことが叶いますように・・・


    それぞれの場所で、それぞれが幸せでありますように。

    P1001051.jpg
    『オカーサン、オカーサンには、オトーサンとアタイがいますよっ。』


    最近、フジ子の眼差しは、「何もかもわかっていますよ、オカーサン!」って言っているような目をすることがあって、ドキッとする。


    ありがとう愛しいムスメ。


    また、来年も一緒に桜をみようね。




    P1001043.jpg
    『ちょっと、そのカメラ、早くしてくださらないかしらッ』(byフジ子)

    笑っているのではなく、マブシイんです、ね・・・。


    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(保護時推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。