スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    室内トイレへの道 その7 The way to Indoor Toilet vol.7

    フジ子の「脱プン」事件から1週間。

    暫くは、フジ子が音もなく散歩中にウン○をすることに注意しながら、しながらの散歩でした。

    厳戒態勢の中、それでもフジ子は、私との散歩で3回、ダンナさんとの散歩で1回、二人で「警戒中」にも関わらず、まんまと1回の「脱○○」に成功しました。


    私たちは、ウン○を放置してしまうということにならないように、行きと帰り、必ず同じ道を通りましたが、フジ子は、「まさか、ここでしてたの」という場所で、私たちに気取られることなく静かに素早く歩きながらウン○をしてしまうのです。



    よっぽど、家の中でのウン○の失敗が嫌だったんだね。



    でも、こっそりお外でやるようになってしまうのも、フジ子にとっても、私たちにとっても、ご近所にも(気をつけて後始末をしているのですが、それでも万一取り残しということがあるともかぎりません・・)よくありません。

    いろいろ考えた末、「家の中だけの訓練」はやめることにしました。


    外でしたいときは、外でさせる。


    そう割り切った頃からでしょうか、フジ子は、いつの間にか、ウン○は1回は家で、1回は外でと自分なりの折衷案で落ち着いてくれました。


    朝おきてから、もしくは朝ごはんを食べると、自分でトイレに入って号令とともに廻り出します。


    お外でする量の半分くらいしかでないけれど、それでも「これですよね?」と頑張っている姿が健気で、涙がでそうです。


    そんなフジ子のうさぎのウン○ポーズがあまりに愛おしくて、思わず抱きしめたくなってしまうおかーさんなのでした。



    【余談】

    最初のころから、フジ子は、外ではオシッコを何度にも分けてする癖が抜けませんでした。

    「さっき散歩で何度か済ませたからさすがにもう安心」と思っていたら、買い物の際、お店の前で私と待っている間に突然お店の入り口前でということもありました。

    (そんなときに限って、流す用の水もペーパーも持っておらず・・・・)

    最初は避妊手術後の頻尿?と思っていたのですが、家でオシッコする分には、何回にも分けて、ということはしません。

    きっちり一回でキメてきます。


    しかし外では、あいかわらず何度もちょこちょこして、どうしたものか・・・と思っていました。

    ある日やはり藤井聡さんの本のなかで、「『自由に嗅ぎまわらせる』=『マーキング』はセット」と書いてあったのを読んで、お外での自由にクンクンをやめさせてみたところ、外での頻回なオシッコは、あれっというほど簡単に、パタッっとなくなりました。


    結局、いろいろ試行錯誤がありましたが、お外でもできる、という可能性を残しつつ、「室内トイレへの道」は一段落したのでした。


    成犬のトイレのしつけ直しは難しい、と言われていたけれど、1か月半、フジ子、ほんとうによく頑張ったね。

    ほんとに、ほんとに頑張ったね。

    P1050094.jpg




    スポンサーサイト

    メリー・クリスマス! Merry Christmas !!

    普段は決してテーブルに手をかけないフジ子ですが・・・

    只今、年賀写真撮影にご協力中。



    P1050116.jpg
    「おかーさん、こわいです。ここ。高いです。」(←高さ40cm)

    P1050113.jpg
    「ま、まだですか・・・・。早く降ろしてください。」


    ごめん、ごめん。

    フジ子は、高いところが苦手なんだよね。




    P1050123.jpg
    「あたいは、やっぱりここが好き。」

    室内トイレへの道 その6 The way to Indoor Toilet vol.6

    外でせずに、とにかく室内の練習を優先という方針で、トイレトレーニングが続きました。

    それでも、今まで朝晩きっちり2回でていたフジ子のウン○がないこともあり、心配になってみたり。

    でも、飼い主がナーバスになるのが一番よくない、よくない、と自分に言い聞かせて、トイレトレーニング敢行。

    出ないときは出ない、とあまり神経質にならずに、などと鷹揚に構えている・・・・つもりだったのですが、実はフジ子は、まったく思いもかけぬ解決法を生み出していたのでした。


    昨日の散歩道、公園のいつもの丘を登って降りてくると、通り道のど真ん中に、なにやら犬のウン○らしきものが落ちています。

    「あら、マナーが悪いなぁ・・・」。

    ちょっと近づいてみると、

    「あら、形といい色といい・・・ずい分、フジ子のとそっくりなウン○をする子がいるなぁ。」とまじまじと見つめること数秒。

    薫ってくるくるかぐわしい香りも、色も、なんだか覚えが。


    「丘に登るとき、はここにはなかった。」

    「丘の上で誰にも会わなかった。」

    「ここを通ったのは、私たちだけ。」


    お昼時の時間でもあり、公園には人もまばらで、丘まで登ってきているのは私たちだけでした。


    改めてウン○に近づくと・・・

    「どうみても、フジ子の?!」



    でも、歩いているとき、今までのように引くことも全くなかったのです。

    普通に、ずっと横についてすたすたと歩いていました。


    「え、でも。 まさか。フジ子・・・?!」


    「もしかして、行きに気が付かなかったけど、あの時からあったのかも。」と思おうとしたり。


    でも、もしフジ子のだったら・・・・

    このおまま置いて帰るわけにはいかない。たとえ他人(犬)のでも、見つけた以上は・・・(葛藤)


    勇気を出して、手を伸ばして袋にいれると・・・「温かい」(ガーン)



    間違いありません。



    「うちの子が、やりました。」



    「フジ子、我慢できなかったの・・・・・?」

    そういいながら、お散歩から帰ってきました。



    それにしても、どうやってあんなに気配も音も?なく、あんなにうまく歩きながらできるんだろう???


    P1050089.jpg
    「ひなたぼっこ、気持ちいぃです・・・(ムニャムニャ)」






    室内トイレへの道 その5 The way to Indoor Toilet vol.5

    小さなサイズのトイレの枠の中で大も小もちゃんとできるようになったフジ子。

    しかし胴の長いコーギーは廻りにくいのか、後ろ脚はきちんと枠の中にはいっているものの、おしりがon the 枠、ということが続き、何度も枠の外にウン○がでてしまうこともありました。

    それでも、これは大進歩です。

    フジ子、偉い!!



    しかしある日のこと、室内でのウン○のときは狭いスペースで一生懸命ぐるぐる回りながらウン○をするフジ子は、自分のウン○を誤って踏んでしまったのです。

    フジ子は、踏んでしまった自分のウン○に驚いて、「ひゃっ」というような顔になって飛び退くと、パニックしたようにケージに飛び込んでいってしまいました。

    ウン○を足に付けたまま・・・・


    「フジ子、待って・・・!!」



    パニックしていたフジ子がウン○を蹴散らしてしまったため、周囲の床もケージもふとんもウンチで散らかって汚れてしまいました。


    ついでに、私もパニック。


    そんなせいでしょうか、フジ子は、あわててふためいて、ウン○を付けた足でグルグル歩き回り、さらに新たなウン○も踏んでしまったのでした。

    修羅場・・・


    飼い主が、こういう時あわてるのが、一番いけないって、よ~くわかりました


    結局、その場でお風呂場に連行→シャンプーとなりました。

    フジ子、ごめんよ


    ************************


    それを機に、フジ子は数回は室内でしたものの、ウン○については、瞬く間に「外派に」逆戻りしてしまいました。

    お散歩に行けないよ、とこちらも粘っても、フジ子も粘って、結局朝の散歩を飛ばしてできなかった分、夕方のお散歩で我慢していた分、2回もウン○をすることさえもありました。

    よっぽど、ショックだったんだね。

    でも、このままでは、せっかく覚えた室内トイレも、できなくなってしまう・・・

    とはいえ、ずっとお散歩しないわけにもいかない。


    そこで、今度は、しばらくの間、散歩には行くけど「お外ウン○」をさせないという形にすることにしました。
    (これも、藤井聡さんの本を参考にしました。「散歩」と「排せつ」は全く別のもの、と考えるように、とのことでした。)

    お外でウン○の気配を見せると、素早くクッとリードをひき、ダメ、と言いました。


    暫くは、それで「室内トイレ」は成功しているように見えました。


    しかし・・・

    室内トイレへの道 その4 The way to Indoor Toilet vol.4

    スーパーワイドサイズの平面サークル囲いのゆるゆるトイレでの成功に気をよくした私は、少しずつスペースを小さくすることにしました。

    市販のワイドサイズトイレに、できればサークル(囲い)なしで、できるようになるといいなぁ。


    サイズダウン(スーパーワイド60x90→ワイド45x60)は、意外に簡単に済みましたが、囲いを外すとやはりどうしても失敗してしまいます。

    前足は入っているのですが、後ろ足が出ていて、見事床の上に


    そんなわけで、いろいろ調べて、しつけ用の

    アイリスオーヤマの「ワンタッチ犬トイレ」
    というのを購入しました。

    今まで、床にシートを直置きしていたので、段差があれば「後ろ足はいってません」がなくなるかな。

    これは、大成功でした。

    後ろ足まで、きちんと入るようになりました。

    フジ子、エラい!!頑張ったね。


    これで、トイレの柵を外せる日も近い

    「犬・・・ぼとけ(仏)」 Little Dog Buddha

    フジ子が大好きなのは、おとーさんのお膝の上。

    おへそを上にして、得意の「ごろ~ん」。

    その時、必ずこちらを見て、「おかーさん、いぃ―でしょっ

    P1050085.jpg


    と言わんばかりの得意顔。


    その顔をみて、思わずこちらも、「ぷっ」。


    フジ子が来てから、おとーさんも、おかーさんも、毎日沢山笑うようになったよ。

    ありがとう。



    P1050084.jpg

    こんなフジ子の笑顔をみて、親バカなおとーさんは

    「フジ子は、『犬仏(いぬぼとけ)』じゃなぁ~。」っていいます。


    「犬・・・ぼとけ・・・・


    最近、フジ子の顔をみて、ふとありがたく唱え、一人で笑ってしまいます。

    室内トイレへの道 その3 The way to Indoor Toilet vol.3

    「室内オシッコ」成功から数日・・・

    フジ子は、トイレの認識ができたらしく、そのタイミングでトイレサークルの中に入れて声をかけると、オシッコをするようになりました。

    出掛ける前などに、ここでしてから出かけられるので、とても気が楽になりました。

    また、出ないときは、「出ません・・・」という顔をしてこちらを見上げてお座りをするので、そのときは、「ああ、今はでないんだね」とすぐにトイレサークルから出してあげられるようになり、無駄に長く入れておかなければならないこともなくなりました。


    オシッコが意外にあっさりと成功したのに反して、ウン○は、難航していました。


    室内で全く気配がないので、我慢しすぎて病気にでもなったら、と結局根負けして散歩にでかけると、待っていましたとばかりに速攻でウサギのポーズでうん○。

    その時に、かぶせてコマンドをいうようにしていましたが、室内で同じコマンドをいっても、全く・・・ほんとうに全く気配がありませんでした。


    フジ子は、朝夕2回、決まってしっかりとしたうん○をします。
    (私には、羨ましい・・・。)

    うん○をしないかぎり、お散歩に行かない、とは思うものの、こんなにいいサイクルになっている排便サイクルを崩してしまっていいのかな、というのと、やっぱりお散歩に行けないのはかわいそうだ、という思いで、「室内トイレ(うん○編)」が挫折することが数日つづきました。


    「1日、2日、うん○がでなくても、大丈夫。人間だって、そうだろう。」
    ある日のダンナさんの一言を機に、私も決意しました。


    根競べ1日と半が過ぎた時・・・・・


    ご飯のあと、フジ子がくるくるとトイレで回り始めました。


    そして、ついに
    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。