「フセ」 「オスワリ」 ときどき 「オテ」 Down, Sit ....and Paw

    今日はフジ子の「しつけ」の話です。


    フジ子を飼い始め最初にしつけのことで話し合ったとき、ダンナさんは、犬にコマンドや芸を仕込むのは反対でした。

    それと「しつけ」は違うと思う、といいます。


    確かにそれも一理あるなぁ、と思うこともありますが、それでもやっぱり何かの時のフジ子の安全第一を考えて、と「オスワリ」と「フセ」は教えさせてほしい、と言いました。

    とっさのときに、できるだけ確実に落ち着かせる方法を持ちたかったからです。

    それが、フジ子の身の安全を守ることにもなると思ったのです。



    犬を飼い始める大分前からシーザー・ミランさんの番組を、二人して熱心に観ていました。

    たしかに、シーザーは、"Sit"とか"Down"とか"Wait"とか、言葉ではまったく言っていません。

    犬が従うのは、「言葉」ではなく「エネルギー」に対して、だと言います。

    そして、沢山の「芸」をこなせる犬が、安定した犬とは限らない、と。


    犬初心者の私たちに、いきなり「犬にはエネルギーで話せ」なんて無理というものですが、シーザーさんの番組を見続けるうちに、少なくとも犬と接する中で、何かしようかすまいか迷ったとき、「それは本当に犬のためなのか、それとも飼い主の自己満足なのか」ということをちゃんと考えて接しなければいけないんだなぁ、と思うようになりました。


    とはいえ、可愛く「オテ」とおやつをねだるワンコや、散歩の前にリードを持ってくるワンちゃんにちょっと憧れていた私には、少々さみしい気持ちがしたのも事実ですが・・・。


    シーザーさんの考えには反対される方もいるようですが、人間の無理解や、無制限に甘やかされた結果、収拾のつかない問題行動に行き着き、結局は人と住めなくなり捨てられてしまったり、酷い場合は殺処分対象になってしまった犬たちが沢山いることも事実です。

    そして、そういう犬を、「(犬ではなく)飼い主をトレーニングする」ことで、あれだけ沢山現実に救ってきたというのは、やっぱりすごいことだと思います。


    少なくとも、犬初心者の私たちが、犬に向き合う際に、沢山の貴重な気付きや励ましを、シーザーさんの番組や本からはもらいました。


    そして、犬というとても賢く繊細な心をもった生き物とともに暮らすことは、自分自身の精神状態を見つめることにもなる、という大切なことにも気づかせてもらいました。

    ほんとうに、犬にウソはつけない、と思うことがしばしばあります。




    さて、フジ子の「オスワリ」と「フセ」は、といますと・・・・


    「オスワリ」のほうは、比較的すぐにできるようになりました。

    でも、後ろ足がななめにぺたんと流れた「女の子座り」風のオスワリで、なんかヘン。

    いわゆる、ピシッとしたオスワリじゃありません。

    胴が長いから、前肢が足りない?!

    それとも、やっぱり後ろ足が弱いから、オスワリでも踏ん張れないのかな・・・。

    でも、フジ子のオスワリは、ゆるいフジ子らしくて、かわいいです。

    フジ子なりに、ちょっとだけ得意げな表情をして、横座りの前にピンと短い両手を伸ばして「頑張ります」と座るフジ子の姿が、何とも言えずにかわいいのです。



    ところが、「フセ」のほうは、かなり難航しました。

    フジ子は、何か待っているときも、四足で踏ん張ってりりしく立っている、ということがあまりなく、何かというと自分から勝手に伏せて落ち着いている(休んでいる)ようなところがあるので、「フセ」は楽勝だろうとおもいきや、飼い主から言われての「フセ」はいやだったようで、なかなかうまくいきませんでした。

    ビビり犬なのに、意外に我が強いんです、フジ子さん。

    オヤツとか、本にあった「折り曲げた膝の下を通らせる」とか、ほんとにいろんな方法で試しましたがダメでした。


    結局、朝夕にご飯をあげるときに「フセッ」の言葉とともに、フセて待たせるという形で教えたのが、一番早く覚えました。

    今では、「フセ」と言うと、ご飯じゃなくても、「(はっ、)ウマウマですねっ。」っとばかりに、けなげにパッと伏せるようになりました。(ほぼ・・・ですが。)


    やっぱり、覚え具合は、もらえる食べ物の「量」に比例するのですかね・・・・


    「フセ」「オスワリ」を覚えてくれたおかげで、人ごみの中で待つときや、とっさに飛び出させたくないとき、あと何より、「ここじゃないよ~っ!」という場所で「オシッコ」や「ウン○」の気配をみせたとき(この場合は「フセ」ですが。)、止めることができるので、ほんとうに助かります。


    ただ、問題は・・・・・・

    フジ子は、「オスワリ」と「フセ」を、未だによく間違えます。

    「これですよね」っと、真剣な顔でこっちをみているのに間違えると、こっちが思わず「ぷっ」っと噴き出してしまいます。

    ごめんね、フジ子は一生懸命なのに。


    でも、「オスワリ」と「フセ」。

    全然違う言葉なのに、どうして間違えるんだろう???

    まあ、一番肝心なのは、その場で「落ち着いてもらうこと」なので、それができていれば、良いのかな。



    今日も、「オスワリ!」 の号令に


     「・・・はっ
    P1050203.jpg


    「違うよ、フジ子。それはフセ・・・」


    P1050204.jpg

    「おっと。これ、でしたよね?」


    よくできました


    (今度は、オトーサンに内緒で、こっそり「オテ」の練習しようね。)


    いないいない、ばぁ~ Peekaboo

    フジ子の最近の得意技は


    「いない、いない・・・」

    P1050187.jpg


    「バァ~!」

    P1050185.jpg


    「あたい、子守りだってできるんだから。」
    P1050183.jpg


    フジ子、癒し犬だねぇ~。


    ヨーグルト水 Yogurt water

    保護主のFさんから最初に、「この子は、ほんとに水飲まないんですよ。」とお聞きしていたとおり、フジ子は、本当に水を飲む量が少ないです。

    一度、家の中で粗相してから、自分でさらにお水を飲む量を調節してしまったみたいで、水を飲む量がぐんと減りました。

    寒くなってから、ますます水を飲む量が減り、ご飯のときに一緒にあげる水に、口さえつけないこともあります。

    あとになって喉が渇くと、少しだけ飲むのですが、いわゆる「バシャ、バシャ」と音がするくらい景気よく水を飲むという犬らしい水飲みのイメージとは程遠く・・・・

    フジ子の体重(8.6kg~9kg)だと、一日の必要水分量は、最低でも450cc.~500cc。

    量ってみたものの、フジ子が飲んでいるのは、200ccから、せいぜい300ccでした。


    カリカリのドッグフード食のため、お水は何としても、飲んでもらわなければ、と焦れば焦るほど、フジ子は水には目もくれず。

    食べ物なら、何でも飛んでくるのにね。


    それで、いろんな方のブログなどを見ながら試行錯誤。

    あるとき小さじ1弱のヨーグルトを200ccの水にうすーく混ぜた水を上げたら、これが飲む飲む。

    初めて、「バシャ、バシャ」と音をたてて、犬らしさ全開の水呑みっぷりを見せてくれました。

    良かった~!!


    フジ子、これで夏も乗り切ろうね。

    まさかの「食○ン」事件 Fujiko eats her poop?!!!!

    事件は・・・初めての手作りオヤツに挑戦した日から始まりました。


    最初に獣医さんのところで見て頂いたときに、「コーギーは肥満に気を付けること」、と念を押されたことと、フードについていろいろ読んでいるうちに、オヤツとアレルギーの話をいろいろと目にして、オヤツに対してどんどん消極的になっていってしまっていました。

    確かに、最初の頃、ワンちゃん用のビスケットをしょっちゅう上げていたころは、フジ子は朝起きると必ず赤い目やにをだしていました。

    それが、オヤツをやめてフード一本(と野菜少々)にしてから、赤い目やにはほとんどでなくなりました。


    でも、やっぱり、フジ子のオヤツを待つ、あのかわいい顔が見たい!

    P1050160.jpg


    そんなわけで、ネットでレシピを探し、一番簡単そうだった「手作りチキンジャーキー」に初挑戦。

    スーパーで朝びき地鶏のムネ肉を買ってきました。

    うすーく切って、オーブンシートの上に広げ、低温でじっくり焼くこと50分。

    ローストチキンのようないい匂いが、家中にたちこめました。


    「いい匂いがしますね」
    P1050161.jpg


    出来上がったジャーキーの美味しそうなこと。 

    なんなら、人間用でも行けそうです。

    フジ子よ、待っておれ。


    「これで、噛む力も強くなりそうだし。一石二鳥だわ・・・・」

    ほくほくしながら、フジ子に手作りジャーキーを上げて、悦に入っていました。

    「早く、くださらないかしら・・・」(ゴクっ)
    P1050157.jpg

    初めての手作りジャーキー。

    フジコの喜ぶこと、喜ぶこと。



    その日も、次の日も、私はせっせとジャーキーをあげたのでした。



    ************************


    第一の異変は、翌朝やってきました。


    いつも通り、朝ご飯のあとのウン○を済ませたフジ子。

    いつもなら、さっさとトイレを出るのですが、その日に限って、自分のウン○をスンスンと嗅いでいます。


    *******************


    悲劇は、その翌朝に起こりました。

    朝起きて、まずはフジ子にご挨拶をしたダンナさん。

    「あれっ。トイレが汚れてるなぁ・・・。ちょっと来て。」


    見てみると、トイレシートの上に、赤茶けた汚れが数点。

    「ヒートなわけ、ないよね・・・。また肛門腺かなぁ。」

    「でも、この前のシャンプーで絞っても、溜まってなかったしなぁ。」

    「もしかして、痔・・・・・?」

    「犬って、痔になるの?」


    そんな、頼りない飼い主の私たち



    けれど、毎朝定期便のフジ子のお通じが、その朝に限ってありませんでした。


    **********************

    その、さらに翌朝のこと。

    朝起きたダンナさんが、険しい声で呼びます。

    「ちょっと来て、これ見て!」

    そこには、昨日と同じ、トイレシート状の茶色い染みと、ケージにつづく道のりの床が汚れに点在していました。

    よく見ると、それは小さなうん○の粒ではないですか。

    でも、肝心の「本体」がないのです。

    「・・・・何、これ。どういうこと??」

    暫くの沈黙のあと、ダンナさんが口を開きました。

    「食べたんじゃないか?」

    がーーーーーーーーん。

    私は、頭が真っ白になりました。

    「フジ子、食べたの?」

    フジ子は、「何を騒いでいるんですか?」という顔でこちらをみています。

    まさか、まさかですよね・・・・。

    でも、状況証拠はすべて一つの事実を示しています。


    フジ子が、「食○ン」した。

    信じられないまま、その夜、私たちはフジ子を「泳がせる」ことに・・・。


    ***********************

    フジ子の晩御飯後、フジ子がトイレでウン○後、いつもならさっさと片付けるところですが、私たちはそのまま隣の部屋に姿を隠しました。

    少しスンスンと自分のウン○を嗅いだものの、スタスタとケージに帰ったフジ子でしたが、誰もいないのを確かめると、なぜか再びトイレにもどってウン○嗅ぎはじめました。
    (普段、自分のウン○を嗅ぐなんて、全くしないのに。)


    そして、まさかの「くちゃっ、くちゃっ」という音。

    大衝撃・・・・・。また頭の中が真っ白に。

    間違いありませんでした。フジ子は「食べて」いたのです、ウン○を・・・・

    私とダンナさんで、用意してあったコーヒー缶に金属をいれたものをガラガラ~ンとならして駆け寄ると、不意を突かれたフジ子は、驚いてケージの中に飛んで入りました。

    ウン○には、しっかりと歯型が・・・・

    フジ子に目をやると、驚いたためか、何とケージの中でさらに「追いウン○」をしているではありませんか。

    そして、パニックしてさらに走り回り、ウン○の上に倒れてグシャッ。


    もぅっ・・・・泣きたい。


    そのままフジ子は、お風呂へと連行されたのでいした。


    *********************

    そして、ダンナさんと状況を分析して得た結論。

    「ウマウマ(ジャーキー)が、あまりにおいしくて、自分のウン○から同じ匂いがして、思わず食べちゃったんじゃないのか?」


    確かに、ウン○には、かすかに消化しきれない残骸が形をとどめていました。


    *************************

    「食○ン」について調べたところ、食べ物に原因があることが多いらしいです。

    あとは、栄養の偏りや、外敵に襲われるのを防ぐために痕跡を消す、等も書かれていましたが、フジ子の場合は、ほぼ「チキンジャーキー」で戦犯確定のようです。

    この事件を機に、フジ子があんなに喜んだ「手作りチキンジャーキー」は、姿を消しました。


    その後、フジ子の「食○ン」も影をひそめ、平和な日々が再びやってきたのでした。



    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary