寒中水泳

    週末、めったに御目もじできない見事な和牛のステーキ肉をいただいた我が家。



    普段は全般的にあまり肉を食べない私たちなのですが、キラキラ光るサシに見とれて、一日前からハイテンションで盛り上がっておりました。



    無理やり記念日ディナーということで、昼から付け合わせやら、ステーキソースまで張り切って作って、旦那さんは食後のケーキまで買ってくるという盛り上がりよう。 



    「こんなお肉って、滅多にいただけないし、フジ子にも食べさせてあげたいねぇ。」



    味つけ前にフジ子にも切り分けてあげようね、といいながら、フジ子にも話しかけていました。



    フジ子は、わかってか、わからずか・・・そのたびに「ウゥ~ン・・・クッチャ、クッチャ」と満足げな謎の音を鳴らして返事をしていました。



    あとは、肉を焼くだけ、というところまでスタンバイしたところに、同じく張り切ってケーキを買ったダンナさんが帰ってきて、



    「よーし、ごはんの前に、お散歩いってこような!」



    と、久しぶりに三人(二人+一匹)そろってのお散歩です。



    おりしも、日本がウン十年ぶりの大寒波に覆われるというニュースが流れる中、その日の夜散歩は、すでに零下ぎりぎりの気温。



    さすがに、日が落ちてからの寒さも格別で、いつもの公園には人っ子、犬っ子ひとりいません。



    覚悟をしてきたものの、寒くって寒くって、



    「ねぇ、フジ子。もう帰らない?!」



    と、フジ子の様子をチラ見。



    早く、お肉・・・・食べたい。


    (フジ子だって、食べたいよね?!)




    そんな飼い主をしり目に、久しぶりの家族全員参加の散歩にフジ子はいつになくご機嫌です。




    結構歩いただろうという後に、人がいないときはフリーにしてあげる芝生のそばにやってくると、走りたそうに何度も首をそちらにシャクって



    「ねぇ、オカーサン。今日は走らないんですか?」



    と見上げてきます。




    さすがに、照明のない暗い芝生での「放牧」はできないので、照明があって舗装されている見通しのよい場所で、少しだけフリーで呼び戻し練習式で走ることにしました。




    ダンナさんと私で離れたところに立ち、フジ子を呼びます。




    フジ子は、これが大好きで、実家の母の表現によると、「まるでバレーボールのように」二人の間を行ったり来たりの大疾走をします。




    何度か呼び戻しをして、フジ子も全力疾走を満喫した様子。



    そろそろ帰ろうか・・・・(心の中では、二人とも「お肉・・・お肉・・・。」)




    じゃあ、最後の呼び戻し、と。



    「フジ子、オイデ~!」




    フジ子はうれしそうに途中まで全力失踪で一直線にかけてきましたが、急に一瞬立ち止まり、何を思ったか、突然大きくぐるっと弧を描くように右に逸れて走りはじめました。



    あります。



    ときどき、やります。これを。



    フジ子がノッてきて、張り切りだすと、



    「ほらっ。オカーサン、追いかけて。」



    といういたずらっ子のような顔をして、ぐるぐると大きく弧を描いて走りだすことがあるのです。(牧羊犬走り?!)




    でも、今日は芝生ではありません。というか、その右側の先には・・・・





    「フジ子っ、ダメ~ッ!!!そっちは・・・・」



    フジ子の向かう先には、大きな噴水があります。




    こういう時って・・・・・コマ送りのように、一瞬一瞬がスローモーションに見えるって、本当ですね。




    「フジ子、ダメッ~。」



    という言葉を実際に実際に言ったか言わないか、わからないうちに、フジ子は大きく放物線を描いて、水の中にダイブしていきました。



    まるで、体操選手のような見事な放物線を描いて。




    「ドッボーン」




    という音とともに、私たち二人とも、起こったことが飲みこめず、茫然として池に駆け寄りました。




    池の中では、フジ子が固まっています。




    「フジ子、フジ子ッ!!」




    まだ、固まっています。




    え、やだ。 まさか、心臓麻痺?!




    「フジ子、フジ子。ジョーズ。ジョーズよ。オイデ。」



    という意味不明なハイテンションのほめ方をしてフジ子を呼ぶ必死な私たち。



    (後から考えたら、ほめてよかったのだろうか?)




    しばらくすると、同じく茫然としていたフジ子も我に返って、回れ右をして、ザブザブと大きな音を立てて、岸辺にたどり着きました。




    池のヘリはすり鉢状になっているので、こちらからは降りていくのが難しく、私たちが降りていくと、途中で間違いなく足を取られてしまいます。



    フジ子は、何度か滑りながらも、何とか上まで登ってきました。



    「フジ子ッ、フジ子。」




    ホッとするのも束の間、フジ子は陸に上がると、零下に届こうかという寒さの中、飼い主を水浸しにするくらいの勢いで、



    「ブルブルッ」



    と全身を震わせて水をはじきました。




    ぷぅ~ん、とドブ水臭い匂いがただよってきます。



    「こっらーーーー。フジ子ッ!!ダメよ。ダメッ。これはダメッ。」



    安心したのもあって、久しぶりにドスの効いた大声で、フジ子を叱りました。




    とはいえ、抱きかかえても水がボトボトと水の滴るフジ子を連れてマンションのエレベーターを使うわけにはいきません。




    しつこいですが、零下に近い気温の中、水浸しのフジ子を抱え、マンションの北向きの外階段をせっせと上りました。




    フジ子は、寒さからか、茫然とした様子で抱えられています。





    そのまま、フジ子嬢は、オトーサンにお風呂に連行されました。




    暖かいお湯で洗われると、少し落ち着いたのでしょうか。



    シャンプーが終わったあと、私がタオルをもって「お迎え」に行くと、フジ子は、何もなかったような顔をして



    「いつもの、ガム。くださいな。」




    と、何度もブルブルッをくり返します。



    「アタイ、ぶるぶる、しましたよ。」




    と無邪気な顔をして、ちょっと得意気にこちらを見上げています。



    (お風呂のとき、「ブルブルッ」の号令で、体を振ってくれるようになったので、ブルブルをするとおやつをあげていました。自分で何度もブルブルしてくれると、タオルドライもほんとに楽なものですから。)



    「まったく、お前って子は。」



    その顔をみて、なんだか、安心して腰が抜けそうになりました。





    今日はガムはなしです。



    だって、ほんとに、後から考えれば考えるほど、ほんとうに心臓が凍り付く思いになったから・・・。




    飼い主の不注意といえば、ほんとうにその通りなのですけれど・・・・。




    フジ子、テンションが上がってしまうと、やっぱり制御がきかなくなるんだなぁ。



    ほんとうに、過信は禁物、でした。




    これが、車道だったら・・・。



    これが、もっと寒かったら。





    私が、思い返して落ち込んだり青くなったりしているところに、気持ちよさそうにダンナさんがお風呂からあがってきました。




    「まぁ、こんな形ではあったけど。今日分かったことといえば、フジ子が泳げるってわかって、よかったよなぁ~♪」



    あなたの、その上機嫌が、うらやましい・・・・。




    ドライヤーが終わっても、




    「あの、今日はまだガム、もらってませんよ?!」



    と、おやつガムのおいてあるカウンダーを悪びれもせず見上げるフジ子。



    まったく、誰に似たんだか?! 




    ほんとーに、もうっ



    フジ子の、とんだ「寒中水泳事件」でした。




    あんなに楽しみにしていたお肉・・・にありついたのは、夜も11時近くになってでした。




    何はともあれ、大事に至らず、本当によかったです。



    P1000158 (2)


    まったく、お前って子は・・・・

    テーマ : 犬との生活
    ジャンル : ペット

    群れの儀式?!

    先日、テレビを見ていたら、「世界まるみえ」という番組の「神業」特集で、シーザーさん(シーザー・ミランさん)が出ていました。


    BSでやっていたシーザーさんの新番組のシンガポール編の一部だったように思いますが、地上波でもシーザーさんが紹介されてとてもうれしかったです。


    でも、やっぱり番組のタイトルが「ダメ犬を・・・」という言い回しになっていて、シーザーさんは決してこんな言い方はしないだろうになぁ、と少し残念に思いました。



    そして、肝心の


    「私は、飼い主を『訓練』し、犬を『リハビリ』させる。」


    というシーザーさんの繰り返し仰っている「信念」は、ほとんど紹介されていませんでした。


    本来のBS版の放送のほうにあった、飼い主自身が自分と取り組む部分は、バッサリとカットされていました・・・



    せっかくの機会なのに、ほんとうに残念。



    シーザーさんが繰り返し言っているのは、いわゆる「ダメ犬」というのがいるのではなく、愛犬の問題行動は、飼い主が気づかずにやってしまっている間違った行動により問題行動のレベルにまで高まってしまっていることがほとんどだということです。

    だから、「飼い主」の心の在り方やパターンを正し、飼い主に必要な『トレーニング』をして、愛犬のほうは、その長年の飼い主の間違った行動でパターン化してしまった悪循環から抜けるための「リハビリ」をしてあげているのがシーザーさんのやり方のようです。


    だから、シーザーさんのトレーニングは、「人間」にとても目を向けています。


    なにより、本当に犬の幸せを考えているんだなぁ・・・・と思うのは、よくあるトレーナーさんがやってみせて


    「はい、こうするんですよ。」


    と自分の技で犬にいうことを聞かせて、飼い主さんのところに戻ったら犬はそのまま、もとの木阿弥・・・


    というようなパターンがありません。



    シーザーさんでなく、飼い主さんがその愛犬と暮らすのだから、そもそもその飼い主さんが制御できるようにならなくては意味がないから、と、シーザーさんは力説します。


    なので、シーザーさんのトレーニングは、『飼い主さん』のトレーニングをとても大切にしています。



    シーザーさんの新刊が出て、昨年の秋に買ったのですが、(『ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの犬と幸せ に暮らす方法55』ナショナルジオグラフィック編)


    「飼い主は、『この犬がこうなったのは…』というストーリーを語りますが、私には犬を見れば十分なのです。なぜならその犬が、その家族、飼い主の状況を、正確に反映しているからです。」


    というふうに書かれていましたが、犬の問題行動を正すというプロセスを通じて、ときには飼い主が目を向けていなかった自分自身の問題にも向き合う必要がでてきます。




    それでも、愛犬と幸せに暮らすために、飼い主さんがシーザーさんのプロフェッショナルでいて、そして気が遠くなるほどの根気強さに支えられて自ら問題に取り組みながら、愛犬との新しい関係を築いていくのは、見ていて感動的でさえあります。



    「ダメ犬なんていません。」


    と、きっぱりと言い切るシーザーさんの犬と、そして人間への愛に満ちた目がとっても素敵なのです・・・。




    そんなシーザーファンの我が家なので、フジ子を迎えてからも、


    「お散歩に行く前は、『カーム&アサーティブ(穏やかで毅然とした)』エネルギーになって、犬が従順になった状態で、玄関をでる。」


    という教え(笑)どおり・・・・



    玄関を出る前には、必ず自分から「お座り」をして、静かに目を見上げるまで待つことにしていました。




    「引きが強い」とか、散歩中に吠え掛かる、とか・・・そういうので困っている犬のトレーニングの際に、シーザーさん曰く



    「家というのは、あなた(飼い主)のテリトリーです。そこでさえまず犬を制御できない状態で、そのままよそのテリトリーである外にでて、犬を制御できるわけがないのです。自分のテリトリーでできないことが、いきなりよそでできるわけはないのです。」


    とのこと・・・・。なるほど!!




    とはいっても、お散歩大好きのフジ子には、何度やっても、これが難しい。



    お散歩中の引きなどは、1か月もすればなくなりましたが、お散歩前のお座りは、いつも超前傾姿勢の「半腰」で、お尻が浮いててお座りになってません。


    飼い主が必ず先に出て、「おいで」だそうですが、私たちが先にでて、指一本動かそうものなら、どんなサインもフジ子にとっては「おいで」のサインになるらしく、弾丸ダッシュで飛び出してきます。



    「こればっかりは、治らないねぇ・・・。」



    と笑っていたのですが。




    昨日、私が体調が悪かったので、勤めから帰ったダンナさんに散歩をお願いしました。



    いつもなら、散歩に連れていってくれるほうに、ピョンピョンとついていってしまうフジ子ですが、昨日は、玄関までいっては、2度もリビングまで戻ってきました。



    「おしっこに行きたいの?」


    と言ってトイレに連れていってみましたが、すぐに出てきてしまいます。



    そして、ダンナさんの待つ玄関にいっては、またリビングに戻ってきます。



    「何だったんだろう。」と思いながら、私も、それではと玄関までお見送りに行きました。



    ダンナさんが、玄関を先に出て、フジ子にいつもの「お座り」をさせてから「オイデ」というと・・・・



    フジ子は玄関の中にいる私を振り返って、リードを引いてこちらに首を向け、まるで



    「オトーサン、オカーサンがまだですよ。」



    言っているみたいな仕草をしました。



    いっつもなら、「おいで」で弾丸ダッシュをして、お散歩につれていってくれるほうに(どちらであろうと)ピョンピョンとついていくフジ子なのに・・・。



    なんだか親ばかですが、ジーンときてしまいました。



    フジ子が、「この三匹が、アタイの『群れ』なんだから、みんな一緒でなきゃ」と言っているような気がしたのです。



    そうだよね、『群れ』なんだものね。



    (というか、私は、『群れ』からはぐれた羊の扱いだったのかも・・・・。)



    オトーサンが落ち込んでいる日には、オトーサンのそばに行って眠り。


    オカーサンが散歩に行けない日には、「オカーサンがまだですよ。」と知らせる。



    ほんとうに、優しい子だなぁ、と思う。




    「その犬を見れば、その家族の姿が正確にわかります。」



    ってシーザーさんの言葉を思い出すと、優しさに欠けまくりの私たちはふと思う。


    そうじゃない場合も・・・・あるんですね、シーザーさん。



    きっとフジ子は神様がくれたギフトなんだと思う。



    「こうなりなさい」って教えてくれる、そのために来てくれた子なんだろうと思う。





    「えっ?!」

    P1000011 (10)

    耳までひっくり返して完全無防備で寝ているフジ子を起こすと



    P1000013 (9)

    「うぁ~ぁ」って大あくびして・・・・


    P1000014 (9)


    こんな顔で、「ちらっ」とこっちを見て・・・



    P1000015 (9)

    自分で耳を直して・・・  「ヨイショっと。」


    P1000016 (9)

    ついでに、ベロまでちょろっと出す。


    P1000018 (9)

    「呼びました?!」

    テーマ : 犬との生活
    ジャンル : ペット

    遅れましたが・・・新年おめでとうございます!

    今年の新年は、珍しく大掃除も早めに済ませ、おだやかに迎えることができました。


    初詣は、近所の神社では境内までワンちゃんを入らせてくれるので、フジ子も一緒にお詣りしてきました。


    今年も一年が、平和でありますように。




    最近フジ子の顔をみていると、ときどき人間みたいに見えてきて、ギクッっとするこの頃です。

    P1000009 (10)

    こんな「狙った」顔をして、食事中の私たちのことを凝視しているフジ子と目があうと、


    思わず食べ物を口から吹きこぼしそうになります。



    最近、よく、こんな「人間が中にはいっているみたいな顔」をします。



    こんな顔のときは、



    P1000005 (10)


    「無邪気な顔をして。ふふ、赤ちゃんみたいだなぁ。」


    なんて思って、愛おしさ満載で二度見すると・・・・・



    P1000008 (10)

    次の瞬間ピエロみたいな顔を作ってキメてたりします。


    こういうときは、私たちが見るのを見越しているかのように、


    「これですよ。ほら、これ。」


    って感じで、じっと狙った顔をしてこちらを見て待っています。


    この顔で固まっていたのを見たときは、ほんとうに口から食べ物が出そうになりました。



    そして、人間が「ブッ」っと吹き出して笑い転げると、満足げに、ポーズを崩したりするのが、またイヤに人間っぽいです。



    フジ子って、もし人間だったら、かなりひょうきんなキャラなのじゃないかと思います。



    クラスに必ず一人いる、いつもはほとんどしゃべらなくてすごく静かなんだけど、しゃべらせるとアヤういくらいに可笑しくて、学芸会とかのときいきなり本領発揮して爆笑をさらう子。





    新年から、沢山笑わせてくれたフジ子ですが、年末からおトイレを失敗したり、近くなったりしているなぁ、とおもっていたら・・・。


    1月3日に、血尿がでました。



    一度おシッコをすませてもトイレから出ようとせず、もういちどくるくる回って絞り出すようにおしっこすると、シートに血がついていました。



    日曜日だったので、救急をやっている初めてのところに行くか、いつも見ていただいている獣医さんに行くか迷いましたが、月曜の朝一でいつもの病院にいくことにしました。


    血のついたシートと、とりあえず買い置きの「お弁当用お醤油ケース」みたいなのに採尿したものを入れて、病院に行きました。



    検体を検査し、エコーでもみていただいたところ、腎臓、尿管には異常はなく、膀胱の頭部側の内壁が平滑でなくなっている様子が見られました。



    「膀胱炎でしょう。」


    という診断でした。



    膀胱炎?! 結石?! それとも腫瘍?!



    一晩いろいろ考えてしまったので、とにかく診断がついて、ほっとしました。



    ■抗生剤(ビクタス) 1錠/日

    ■サプリメント (ウロアクト) 2錠/日 (膀胱の細胞再生を助けるものらしいです。)


    を8日分処方していただいて帰ってきました。



    ◇再診料 500円

    ◇画像検査診断料 1000円

    ◇検査料 1000円

    ◇お薬代 2500円


    計 5000円也



    今回尿もしっかりみていただいて、Phは5でよい状態でした。


    この機会に、尿をしっかりみてもらえて、結石の心配をしていたのも解決してほっとしました。


    フジ子はもともとあまり水を飲まないので、いまも400cc~500cc/日が精いっぱいだったので。



    お昼に帰ってきて、リンゴに薬を埋め込んですぐに飲ませました。



    今日で服薬2日目。



    尿に血は混ざらなくなりましたが、気のせいか、まだ排尿のあと痛そうな様子に見えます。



    お薬が早く効くといいな・・・。




    ちなみに・・・原因は。



    「私たちが、お正月で寝坊してたので、フジ子もトイレを我慢したからでしょうか?」



    といったところ。



    「膀胱炎が、おしっこ我慢してなるというケースは、実際はあまりないです。それより年末年始はいつもと違うことが多いからストレスで膀胱炎になるワンちゃんが多いです。」


    とのこと。



    ストレス・・・・?!



    そういえば、大掃除で丸二日、フジ子をソファーの上で放置プレーだった日があったなぁ。


    トイレこそちゃんと行っていたけど、ソファーの上で放っておかれて、何度も人間っぽい「ため息」を大きくついて、動き回るこちらをじーっと見ていたっけ。



    「あとちょっとで終わるから、待ってね。」


    って言うたびに、


    「またですか・・・。」



    って、ほんとにヒトみたいなため息をついていた。



    夏のソファー買い替えの「自家中毒」事件といい・・・



    放っておかれても、ワンとも鳴かず我慢強いフジ子だけれど、「放っておかれる」のに、一番弱いみたいです。



    人間みたいなため息つきながら、ストレスためてたんだね・・・・。ごめんね。



    そんなのが原因で病気になっちゃうなんて、なんだかかわいそうというか愛おしいというか。



    P1000031 (4)



    オトーサンのわきの下にすっぽり入って離れようとしないフジ子。




    しばらく、大掃除もないから・・・いっぱいそばにいようね。



    早く元気になぁれ








    テーマ : コーギー
    ジャンル : ペット

    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary