愛しい日常

    フジ子が来てから、写真をたくさん撮るようになりました。


    写りこんでいる景色や食べ物で、季節を思い出したりします。


    ブログに残したり、実家に送ったりするのはどうしてもお出かけの写真がどうしても多くなってしまいますが、ほんとは、歯磨きとかトイレとか、そういう日常のフジ子の姿が大好きです。



    最近、お店で大好きな「桃」を見かける季節になりました。


    こちらに引っ越してきてから、桃の産地が近いおかげで、新鮮でおいしい桃が身近になって、苦手だった暑い夏が楽しみになりました♪


    先週、ダンナさんが、「清水白桃がでてたよ~!」と、箱で買ってきてくれました。


    (我が家的には、一押しなのです♪)


    桃を箱で買って食べるなんて、こちらに来るまで考えもしなかった。


    何という至福 


    瀬戸内気候万歳~。桃、万歳~




    ところで、フジ子は、モモが大好物です。


    リンゴもバナナも大好きですが、モモだけは、別格のようです。



    普段は、人間の食事中でもテーブルのそばに寄ってくることはないのですが、モモだけは、においがすると・・・・



    トコトコ・・・とかわいい足音をたてて、テーブルのそばに来て、お座りして、もらえるまで見上げています。



    去年、桃の初物がでたときに、


    「初物をたべると、長生きするっていうから。」


    と、桃をあげたのが最初だったように思いますが、以来、ずっとこのルーチンを繰り返します。



    フジ子が保護された場所は、モモの名産地の近く。



    もしかして、ももが、保護されるまでのフジ子の命を助けてくれたりもしたのかな・・・。



    保護されたのは、暑い盛りだったから。




    今年もやってきた桃の季節。



    フジ子にもおすそ分けしようね。



    P1000686.jpg
    小さく切って・・・

    P1000687.jpg
    「待て」のポーズでも、ベロは待ちきれず・・・・(こんなに長かったの?!)

    P1000688.jpg
    一気食べ。


    美味しかったあとは・・・

    P1000685 (2)
    大好きなオトーサンの歯磨き。


    リンゴ味(味見はしたことないですが、においがリンゴジュースの美味しそうな匂い)の犬歯磨きペーストを、おやつと思っている模様。


    来たときは、歯石ビッチリで、全部「虫歯」と勘違いしたオカーサンは、このまま全部抜歯になるのではと大慌てしたっけ。


    おとなしかったフジ子は、不慣れな手つきのオカーサンのスケーリングにおびえつつも、少しずつ歯石取りをさせてくれて、今はだいぶきれいになったね。(二人ともよだれまみれになりながら、頑張ったもんね。)


    歯磨きも、おやつの時間みたいに思ってくれてるのかな?


    P1000682.jpg
    「満足です


    「1日でも長生きしろよ~」と言いながら、一生懸命フジ子の歯を愛おしそうに磨くオトーサン。



    「・・・でも、フジ子が、苦しすぎたり、痛すぎたら・・・・虹の橋に出発していいからな。」


    そう付け足す言葉が、ちょっと切ないけれど。


    会えなかったかもしれないフジ子に出会えて、こうして一緒に暮らせるだけで、本当に幸せだと思う。


    だから、ちょっとだけ欲張って、やっぱり1日でも長く、一緒に過ごそうね、と思うオカーサンなのでした。



    ****

    夏休み。


    長期の旅行や、学期をまたがない引っ越し、などで、捨て犬の保護が増える時期なのだそうです。


    暑さに弱い犬たちには、ほんとうに過酷なこの時期。


    どの時期でも過酷なのはおなじだけれど、この時期、炎天下に置き去りにされて、飼われていた犬が自分で水や餌をみつけられて生き延びられる可能性はごく僅か。


    そして、保健所に保護されたとしても、すでに病気やケガで、譲渡対象になれることもなく、命を終える子も多いと聞いた。


    里親がみつかって引き取られていく子はそのうちのほんの、ほんの一握り。



    それでも・・・・


    もし、「犬を飼おう」と思ったら、それぞれのご家庭でいろいろな事情もあるかもしれないけれど、そして保護犬にもいろいろなケースがあり、簡単なケースばかりではないけれど、保護犬から迎えることも、選択肢に考えてもらえたら、本当に嬉しいです。


    ただ、「保護犬」「保護活動」と一言でいっても、いろんなモチベーションで、いろんな関わり方をしていらっしゃる方もいるのも事実だと思います。


    「フジ子を探して三千里」の決して簡単ではなかった道のりのなかで、「きれいごと」だけではない世界なんだなぁ、と知ったことも、出会うまでの長い時間の中で、正直ありました。


    敢えてこれを書いたのは、「保護犬を・・・」とせっかく思ってくださったのに、そういうケースに当たってしまって、もう関わりたくないという思いで深く傷ついて犬を飼うのをあきらめてしまったり、仕方なくペットショップに向かったという話を耳にしたから。


    それは、本当に、本当に残念なことだと思うのです。


    「保護犬を・・・」と思って、まずネットで調べ始められる方がほとんどかと思います。


    そして、「どうやって探していいのか・・・結局わからなくなって、結局『買う』ことにした。」という方もいました。


    その気持ちも、ものすごくよくわかります。


    顔の見えないネット上の言葉だけで押し測ることは、確かに本当に難しいかもしれません。


    けれど、自分の目と、自分の感覚でしっかりと確かめて、慌てずに、人のいうことを鵜呑みにせず、確かに納得をしながら、冷静に「運命の出会い」を探せば、きっと会える、と、そう思います。




    エラそうなことを言えず・・・・私たちも、保健所という場所に、実際に出向く勇気がありませんでした。



    「命の期限」が付いた、たくさんの犬たちの顔を実際に見てしまった後に、どうやって「選べ」ばいいのか、わからなかった。



    でも、結局は、出会えたのです。でもそれも、その時の私たちにはできなかった、その辛い役を引き受けてくださった方がいらしたから。



    そして、いくつもの強運と、心ある方たちの勇気と温かい手をお借りして、フジ子は我が家にやってきました。



    自分たちのできること、できないこと、望むこと、難しいこと・・・・ひとつひとつ、無理せず正直に決めて行ってよいと思うのです。



    そうしたら、「犬を飼いたい人」と「保護犬」の出会いが、今よりもう少し、増えるかもしれないと思ったりします。



    命との出会いの形は様々だけれど、犬たちのことを考えると、祖母がよく言っていた言葉を思い出します。


    「死ぬ日を決めずに生まれてくる命は一つもないんだよ。」



    だとしたら、「保護犬」は、その過酷な道を承知で、何かを教えにやってきてくれたに違いない(と思っています)魂なのかなぁ、と思います。




    【おまけ】

    お目汚しですみません。

    ヘンかもしれませんが、私たちが一番愛おしいと思う、フジ子のポーズは・・・・


    P1000692.jpg

    「おぉ~、いいレモンになっとるなぁ~」

    とオトーサンを感動させて止まない、レモン型「おきばりポーズ」(『コギもん屋』さんのナイスなネーミングより借用)。


    さすが、瀬戸内犬です。レモンの形がお似合いで・・・。


    P1000693.jpg

    いいウン○がでると、

    「今日も元気ですね、フジ子さん(ふふっ)




    【おまけ その2】

    お目汚しのあとは・・・

    フジ子、サービスショット

    P1060380.jpg

    貴女のそのしどけないユルさが・・・

    P1060382.jpg

    「しなだれかかる」という言葉とは無縁に生きてきたオカーサンに

    P1060384.jpg

    女子力とは何たるかを教えに来てくれたような・・・気がします。


    テーマ : 犬との生活
    ジャンル : ペット

    フジ子の海開き♪

    フジ子は、いままで水遊びをしたことがありません。

    お風呂(シャンプー)のときは、最初を除いて特に水を怖がる様子はないのですが、真冬の散歩中、呼び戻し練習をしてたら、久しぶりのお外に興奮振り切れてマイナスの極寒のなか公園の噴水にダイブした事件以来、水辺に行くと、両足をカモノハシのように逞しく突っぱらかって、首輪が抜けるほど後ずさりするようになりました。

    よっぽど、寒かったし、怖かったんだね・・・。

    GWに試しに海辺に連れて行ったときも、怖がって、コウモリ顔して踏ん張って、通りがかりのおねーさんに「がんばれっ、がんばれっ」って応援してもらいましたっけ。



    でもね、以前お散歩で出会ったコーギー君のママさんから、


    「コーギーは、お水がとっても好きみたいで、この子も、散歩中でも目を離すとすぐ・・・。」


    と仰っているそばから、シャンプーしたてというピカピカのお体で噴水にダイブしようとしていたコーギー君の姿が頭をよぎります。



    フジ子も、噴水事件のまま、お水がトラウマになってしまっては、可哀想かなぁ。


    というより、もし泳げたら、せっかく瀬戸内海犬なんだから、泳げたら楽しいよねぇ。


    フジ子がやってくるまで、夏は週末海にでかけていた我が家。


    今年はとにかく暑いし・・・一緒に泳げたら、楽しいだろうねぇ~♪


    という、飼い主の勝手な妄想に付き合わされる羽目となったフジ子。

    いろいろサイトでしらべて、犬用のライフジャケットがあることを知り、


    「これなら、泳げるかな


    早速サイズを測って、注文しました。


    待つこと数日・・・。(ワクワク、ドキドキ


    「届いた~


    お家で早速「ならし試着」です。

    P1000670 (2)
    「なんですか、このガサガサは?」

    この、不安そうなおちょぼ口が・・・・、大丈夫か?フジ子。


    でも、着ているだけでも・・・何だか・・・・カワイイ


    えぇ、えぇ、いいんです。 親バカですとも。(犬にしたら、迷惑だっていうの。)


    最初は「なんですか、これは?」っていう顔でしたが、しばらくおやつを上げながら着せていたら、馴染んだようです。

    P1000671.jpg
    「(ちょっと)キリッ」

    ふふっ、もうこれで大丈夫ですとも(どこが・・・?!)

    いいんです、気はこころ、ですから。



    待ちに待った晴れの海の日、満を持して、砂浜が熱くならないうちに到着するようにと、朝4時半起きで海へ出発です


    水辺に到着~♪ ですが・・・

    P1060344.jpg
    「ち~ん

    P1060345.jpg
    「冷たいです・・・。」


    テンションかなり低めです。


    P1060348.jpg

    「オトーサン、たすけて・・・」の視線。


    それでも、少しずつ、少しずつお水に入って行って、「そう~っ」っと浮かせると。

    P1060354.jpg
    「泳いだっ~」


    必死の形相ですが、正真正銘の犬かきです。


    頑張れ、フジ子~っ

    目にも止まらぬ、超高速犬かきです。


    そのうち、段々慣れてくると、力強いストロークで大きく水をかけるようになってきました。

    P1060355.jpg


    最初は、呼んでも、手を放すと呼んだ人がどの方向にいようと、必ず岸に向かって逃げていきましたが・・・・


    (ある意味、安全な習性ですね。)


    オカーサンが沖側から呼んだときでも、来られるようになりました。


    「フジ子、上手っ。上手だよ~、フジ子


    たぶん、通りすがりの人は何事かと思うくらいのテンションで飼い主大興奮。(ちょっと酸欠になりかけました。やりすぎだってば・・・)



    P1060356.jpg

    まだまだ余裕はありませんが、怖がりフジ子にしては、ほんとに上手に泳げるようになりました。

    フジ子、頑張ったね。

    ほんと、りりしくて、上手だったよ。



    でも、やっぱりフジ子が好きなのは、オトーサン、オカーサンお膝の上でプカプカ・・・みたいでした。

    P1060361.jpg
    「いい湯だワン

    P1060363r.jpg
    「あたいも、立派な瀬戸内犬


    P1060379.jpg
    「海~は、ひろい~な、大きいな~


    また、来ようね。


    大切なフジ子と一緒に来た海、オトーサン、オカーサンの最高の夏の思い出となりましたとさ

    テーマ : わんことおでかけ♪
    ジャンル : ペット

    たれぱんだ犬

    週末でいよいよ梅雨明けした、フジ子地方です。


    先週は雨が続き湿気が多かったせいでしょうか・・・

    P1000626.jpg

    お散歩にでかけられない日も多くて、フジ子も笑ってしまうくらいアイスまくらを人間みたいに上手につかってひたすら眠る・・・眠る・・・。


    外の空気に当たれない日が続いたせいでしょうか。


    換毛期は終わったはずなのに、なぜか先週びっくりするくらい、また毛が抜けました。


    P1000634.jpg

    3日もすると、お布団とフジ子ベッドを吸っている掃除機が、満タンになってしまいます。

    急にこんなに抜けて、大丈夫なのかな?

    それでも、まだふさふさしているので、順調に生え変わっているということですね。

    どうりでお腹が空くわけだね、と納得してみたり。

    P1000641.jpg

    ひたすら、眠る・・・眠る。

    P1000643.jpg

    そんな様子が愛おしいくって、オトーサンがちょっかいをだしてみたりすると、

    一瞬だけ、

    「何するんですかっ。」

    って不服げな顔をするんだけれど、戦わずに向きを変えて・・・

    P1060330.jpg

    何もなかったように、また眠る・・・また眠る。


    ずっとこんなじゃ、何だか可哀想で、まだお天気がいまいちだったけれど、土曜日に水辺に涼みに出かけました。

    できればお水で遊ばせてあげないなぁ、なんて思いましたが・・・・

    大雨のあとともあって、水も濁っていて水嵩もあり、水泳入門前のフジ子にはとてもじゃないけれど、という感じでした。


    P1000658.jpg
    「トリさんは、いいですねぇ。」


    ライフジャケットが届いたら、海に行こうね、フジ子。




    帰りに、洋菓子のファクトリーストアに併設されているカフェに寄りました。


    電話で確認したら、テラス席はワンちゃんも大丈夫ですよと仰っていただいて、フジ子も一緒です。


    コンビニスィーツでいっぱいお世話になっている「モンテール」さんのカフェ。


    木の感じがとても優しくて、できたばかりのようで、とても綺麗なお店でした。


    いろんな新製品が所狭しとならんでいて・・・、迷いに迷って決められず・・・・

    P1060337.jpg


    結局「日替わりセット」というのをお願いしました。

    キャラメルクリームカステラや、ショコラマドレーヌ、エクレア、ミニシュークリームなど4点と、大きなカップでコーヒーもついてきて、大満足でした。(以外にぺろりと完食。)


    オトーサンは、瀬戸内レモンシリーズの限定商品のクレープやふわふわのケーキ。


    少し分けてもらいましたが、こちらもとっても美味しかったです。


    みなさんが食べてらした「ソフトクリーム」があまりにおいしそうで、追加注文。ミルク風味満載で大好きな味。

    至福・・・至福


    真剣な目で待っていたフジ子さん、最後にちょっとだけ、スポンジとソフトクリームのご相伴にあずかるまで、カシコイお顔でずっとお座りして、通りがかる人のナデナデをいただいていました。


    「限定」に弱い私は、今月限定のマンゴーシリーズや、ドトールコーヒーコラボシリーズの詰め合わせもお土産に・・・。

    (だって、近所のお店で見ない商品ばっかりなのですもん・・・。)


    この三連休を、至福の週末としたのでした。


    車に戻って、「ワンコ用ボーロ」をもらって、フジ子も満足、のはず・・・。

    上手に待っててくれて、ありがとうね、フジ子。


    久しぶりの日中のお外をしっかり歩いたので、ちょっと疲れたみたいです。

    P1000664.jpg

    「たれぱんだ犬」のポーズで、爆睡のフジ子でした。


    翌日、待望のライフジャケットが届き、フジ子、ついに海の日に「海デビュー」を果たしました


    フジ子さん、果たして泳げたでしょうか( ´艸`)


    テーマ : 犬との生活
    ジャンル : ペット

    雨の日は・・・

    お日様の出ない雨の日は、夏でもマントルピースに灯ををいれる。

    マンションなので、火ではなくてランプですが・・・それでもいいんです。

    だってそれだけで、とっても元気が出る。


    「何で、夏に?!」

    って言われるけれど、やっぱり温かい灯の入った暖炉の明かりが好き。


    P1060261 (3)
    「お散歩、行けないなぁ・・・。」



    スコットランドとか、アイルランドとか、ポーランドとかスウェーデンとか・・・


    お世話になった遠い国の先生や友人の家で灯っていたマントルピースや大きな薪ストーブ。


    クリスマスやイースター、そしてお別れの日の前の夜。


    何かある日は必ず暖炉の火が灯って、その周りにみんなで座って、何時間となくウィスキーとかジンとか、コーヒーなんかを飲んだことを、思い出す。


    緯度が高い国だったから、5月でも9月でも朝夕は冷えて、暖炉を点けてくれたっけ。


    ただ火が灯っているだけで、なんて贅沢な時間なんだろう、と感動して、


    いつか自分の家に、何はともあれ「マントルピース」と固く思っていた。


    (「洗濯機が先だろう?!」と言われたけれど。)


    ・・・そんなことを思い出して、雨の日の時間を過ごしていると、亡くなってもう会えなくなった懐かしい人たちにも、暖炉のそばでまた会えるような気がした。


    そうそう。こうやって、また灯を囲んで、ね。


    P1060238 (2)

    フジ子も、そうやって戻ってきてくれるのかな。


    いつの間にか、頭をこちらに向けて丸まっている、この茶色いパンダ柄の背中が愛おしい。


    P1060239.jpg

    起こさないように、そぅっと近づいて・・・


    でも、全然平気。


    目を覚ましやしない。


    先まで、雷の音で瞳孔開いてハァハァいっていたのにねぇ(笑)。


    P1060245 (2)

    さらに、はみ出ていますけれど・・・。

    P1060254.jpg

    そしてやっぱり、ひっくり返った・・・。


    雷は、もう怖くないの?

    フジ子が帰ってきて見せてくれるとしたら、この姿だね、きっと。


    P1060222.jpg

    ウィスキーならぬ、シークァーサの「ブルーウォーター」割りで乾杯。


    雨の日がくれた、最高に贅沢なギフト。 心の平和。


    「ありがとう。

     ごめんなさい。

     許してください。

     愛しています。」



    【おまけ】

    P1000618.jpg
    アタイは、やっぱり腕枕が好き

    テーマ : 犬のいる生活
    ジャンル : ペット

    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary