目覚め

    寒さもピークのこの頃。

    30分も外を歩くと、耳が痛いほど冷たい・・・ので、ついついお散歩が短くなってしまいます。


    赤ずきんちゃんのおばーちゃんのベッドにもぐりこむオオカミみたいな笑える姿で、人間みたいに上手に飼い主と寝ているフジ子ですが・・・

    運動不足なのでしょうか。

    最近なぜか夜中2時半ころに、もれなく置きだして、

    「あ、うっふぅ~ん

    という、セクシーな声で飼い主二人を交互に起しては、

    ゴロ~ン、ゴロ~ン、と仰向けになってころがってきます。

    御尻をグイグイッと押し付けてては、力いっぱい幅寄せしてくる。

    最近は体重もあるもんで、けっこうなパワーで体当たりしてきます。


    「フジ子、『シィ~ッ』だよ

    といっても、嬉しそうに、幅寄せ継続。

    今は、遊ぶ時間ではないんだよ、フジ子。


    吠えたり、起き上がったりするわけではないんですが、この行動って、なんなんでしょうね~。

    これって、「自我の目覚め」?

    それとも、単なる運動不足かなぁ。



    というわけで、意を決して「ロング散歩」へ。

    P1060855.jpg
    「やった~♡」

    フジ子、やっぱりお外は嬉しそう。

    P1060854.jpg
    「オカーサン、早く、早く。」

    P1060858.jpg
    「お日様が、気持ちいいですね。」

    P1060859.jpg
    公園のバラも、ローズヒップになって、春を待っています。

    階段を見つけると

    P1060852.jpg
    「降りたいです・・・。」と、じーっと熱い視線。

    年末に足をくじいて以来、ステップの上り下りをするたびに再発するので、今は階段全面禁止中。

    「フジ子は、アンヨいたいから、今はダメなんだよ。」

    痛めた右腕をポンポンッってして説明しますが、たぶんわかるはずもなく・・・・。

    P1060856.jpg
    「こっちに、来たいんだってばっ」

    最近、こんな「自我の目覚め」の表情をする、フジ子です。

    ちょっとだけ、リードを引っ張って踏ん張ってみたりするのですが、

    「迫力なぁ~い

    あっさり、オカーサンに引っ張られていきます。

    でも、その代わり、今日はいっぱい歩いてあげるからさ~。

    久しぶりに足をのばしたばら公園。

    こんなミニ・ガーデンができていました。
    P1060877.jpg
    夕陽に黄昏てるつもり?

    P1060868_20170124141852add.jpg
    お座りは、やっぱりキリッとはいかず・・・「女子座り」になっちゃうねぇ。

    でも、かわいいったら( ´艸`)

    P1060883.jpg

    公園の出口に、一輪バラの花が咲いていました。

    冬着たりなば、春 遠からじ・・・


    テーマ : 犬のいる生活
    ジャンル : ペット

    大好きなもの

    フジ子の大好きなもの

    一番・・・お散歩。


    服を着せてもらうと、

    誰よりも先に、真っ先に玄関に出て、おすわり。

    P1060786.jpg

    オトーサンがトイレにいっていたり、オカーサンがケータイを忘れたともどったり、

    なんだかんだと待たされても。

    ひたすら待つ・・・待つ・・・。

    最初の頃は、嬉しくって廊下をくるくる牧羊犬走りしていましたが、

    最近は、玄関の敷居から落ちそうな、ぎりぎりの最前線で待っています。
    P1060787.jpg

    ぎりぎりまで行き過ぎて、ときどき前足だけずり落ちてしまうのに、

    また何もなかったように定位置に戻って、すまして「ピシッ」とお座りしているのが笑ってしまう。


    「まだですか~?」
    P1060788.jpg

    ニンゲンはいろいろ、支度があるのだよ、フジ子。

    でも、決して吠えたりしない。

    嬉しそうに、早く行きたい感を背中に漂わせ・・・

    ひたすら待つ・・・待つ・・・。

    P1060819_20170116173510603.jpg
    雪の日だって、

    ひらひらレインコートの下に、カットしたての桃尻を隠して、

    ひたすら待つ・・・待つ・・・・。

    雨の日は嫌いなのに、雪の散歩は大好きみたい。

    とってもはしゃぎます。

    P1060821.jpg
    「遅いですよ~」

    待ちきれなくなると、ときどきこうして迎えにくる姿が、何とも言えずに愛おしい。

    フジ子の大好きなもの。

    二番、オトーサンのそば

    オトーサンは、「フジ子はオカーサンっ子だ」というけれど、オカーサンは知っている。

    オトーサンが帰ってくると、フジ子は、一度だけ

    「ウォンッ」と小さく吠え、ライオンキングみたいなポーズで精一杯伸びあがって、無いしっぽをプルプルと振るわせているのを。

    それが、フジ子が一日一回だけ鳴く、貴重な声。


    オトーサンにお腹コチョコチョをおねだりし・・・

    P1060797.jpg


    P1060799.jpg
    ご満悦。

    P1060801.jpg
    で、すぐに爆睡。

    P1060790.jpg
    ついでに、おんなじポーズで、オトーサンも爆睡。

    P1060810.jpg
    オトーサンが本をよんでいると、頭を摺り寄せ・・・


    P1060812.jpg
    ころん、ところがって、爆睡。

    フジ子は、オトーサンのそばが好きだねぇ。


    オトーサンとオカーサンの大好きなもの。

    フジ子の寝顔。


    【おまけ】 ヨーグルトのおすそわけを待ちながら・・・
    P1060834.jpg

    最近、インフルエンザ対策に始めたR-1ヨーグルトの味を知ったフジ子の、新たなお楽しみなのでした。

    元気に冬を乗り切りるぞ・・・♪

    テーマ : 犬のいる生活
    ジャンル : ペット

    「ごん、お前だったのか・・・」

    出遅れましたが・・・

    あけまして、おめでとうございます!

    今年もよろしくお願いいたします。


    年末に捻挫したフジ子ですが、サプリ(アンチノール)が効いたのか、すっかり元気に歩き回るようになりました。

    右前足をつかないようにけんけん歩きしていたのも、しなくなりました。

    今年はお正月お天気に恵まれて、毎日たっぷり、ゆっくり歩きのお散歩ができたおかげかな。


    フジ子の足を気遣って、毎日ほぼ同じ道をゆっくりゆっくり歩きしていて気が付いたのですが、意識してゆっくり歩くと、本当に心が落ち着いていくものですね。(名付けてフジ子セラピー


    ところで、先日お散歩していたら、後ろから歩いてきたお父さんに連れられて歩いていた坊やが・・・

    「おとーさん。キツネっ。キツネが歩いとる。」


    周りには、私たちしかいなく・・・

    まさか、キツネ=フジ子のこと?!(ぷぷっ)


    早速お父さんは、

    「あれはね、コーギーっていうワンワンなんだよ。」

    と優しく説明してあげていました。


    こんなシッポのない不思議な「キツネ」のこと、坊やは覚えておいてくれるかな?


    フジ子とお散歩していると、いろんな方が声をかけてくださったりして私たちもとても心が和むのですが、この坊やが今年まず一番のヒットでした(^^♪


    ところで、最近フジ子は、新しいワザ?を覚えました。

    「ごろ~ん」の号令で横になり。

    P1000926.jpg

    P1000928.jpg
    指を出して~

    「パンチ、パンチ、パンチ」

    というと・・・・

    P1000929.jpg

    一生懸命高速回転で、両前足交互にパンチを繰り出します。

    体重の負担をかけずに、リハビリというか、なんとか前足を動かす方法ってないかなぁ、と考えていて思いついた遊びなのですが・・・・

    そのあともらえる「ボーロ」につられて、フジ子も最近自主的に「パンチ、パンチ」を繰り出すようになりました。

    先日もオトーサンの実家で、「ごろ~ん、パンチパンチ」を披露して、イチゴにリンゴの大好物をもらったもので、さらにますます「パンチパンチ」に熱が入るフジ子なのでした。

    P1000935.jpg

    「ぼーろ」をもらって、うっとり・・・な目線。

    こうやって、白いラグに寝ていると、雪原に横たわるキツネに・・・・確かに見えなくはない(笑)。

    P1000936.jpg

    「ごん、おまえだったのか」(新美南吉『ごんぎつね』風)

    あ、あれは悲しい話でしたよね💦


    今年も笑顔いっぱいで過ごせる一年となりますように!!


    続きを読む

    テーマ : 犬のいる生活
    ジャンル : ペット

    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary