幸せを運んでくれる犬

    先週末のお花見(第二弾)の写真を残しておこうと思います。


    怠けていると、なんだかフジ子の速く進む時間に置いて行かれてしまいそうな気がすることがあります。


    犬と暮らす人は、みんなこんな気持ちなのかなぁ。




    先週末、週の半ばに大雨強風もあったので、


    「もう、桜は散っちゃっただろうねぇ。」


    といいながら、恒例のよく行く干拓の公園に出かけました。



    季節もよくなってきたこの時期、行事があったようで、いつになく沢山の車で込み合っていたので、場所を移すことに。



    さて、どこに行こうと、あたりをくるくると走っていると、ふと、なぜかいつも入らない道に入りました。



    見上げると、一面の桜・・・・桜・・・。


    P1060079.jpg


    P1060080.jpg



    「え~っ?こんなところに、公園あったっけ?」


    この辺りはよく通るのですが、こんな場所があることを今まで知りませんでした。


    しかも、もう散ってしまったかと思っていたのに、満開の桜並木が続く、海沿いの散歩道。


    P1060096.jpg



    「きれ~い。」「きれ~だな。」


    我ながらボキャブラリーの貧しさに笑ってしまうほど、ただただ「きれいだなぁ」ばかり連呼してしまいました。



    P1060082.jpg


    P1000272 (2)
    「オトーサン、早く早く。」


    フジ子も大はしゃぎです。


    P1060083.jpg

    あのお船は、どこにいくんでしょうねぇ?

    P1060095.jpg

    汗ばむくらいの陽気の中、気持ちよく海沿いの遊歩道を歩きました。


    P1060088.jpg


    もうすぐ、海の季節がやってくるなぁ。


    フジ子、今年は海で泳いでみるかい?


    (泳げることは、「寒中水泳」で実証済みだもんね。)


    P1060084.jpg

    「えっ、泳ぐんですか?」



    P1060106.jpg

    「あたいは、桜吹雪シャワーほうが好き


    風が吹くと、むせるくらいの桜吹雪が舞って、惜しげなくお別れをいってくれているみたいでした。

    P1000275 (2)

    また、来年も来ようね。


    この場所、もしかしてフジ子が連れてきてくれたのかな。



    帰り道の車の中で、いつになくご満悦な表情で飼い主を見上げるフジ子の目が、なんだかこう言っているような気が・・・・。


    「オカーサン、桜、見たがっていましたよね。」


    フジ子がきてから、そんな不思議なことが、沢山あります。



    P1000276 (3)
    桜のトンネル



    ありがとう、フジ子。


    フジ子といるだけで、オトーサンとオカーサンは、本当に幸せだよ。


    フジ子はほんとうに「幸せを運んでくれる犬」だね。

    テーマ : わんことおでかけ♪
    ジャンル : ペット

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(保護時推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary