フジ子のGW

    GW直前に膀胱炎再発してしまい元気のないフジ子。


    ドッグランとかは、無理そうなので、近場で、犬連れで、ゆっくりできるところというと・・・・


    冬にイルミネーションを見に行ったことのある備北丘陵公園へ。



    県内各地で今年最高気温を各地で記録・・・というだけあって、かなり暑い、暑い。

    早速、フジ子もアイスノンを仕込んだのを首に巻いて出陣しました。

    P1001085.jpg

    「暑いです・・・。」

    が、あっという間にバテテしまいました


    木陰に戻って、オトーサンの急速アイシング。

    P1070014.jpg
    『そこです、そこ。』

    (口が半開きなフジ子

    P1070013.jpg
    『首の後ろも、お願いします。』


    P1070012.jpg

    大きなあくびをして・・・

    P1070003.jpg

    冷え冷え枕に、コテッ・・・。

    P1070001.jpg
    『気持ちえぇです。』

    P1001088.jpg

    間もなく、こんな姿でコテッ・・・。

    草原の真ん中で、仰向けになって爆睡する犬一匹。


    通りがかりの少女が、無言でお父さんのTシャツの裾をひっぱり、フジ子を指さして目をまん丸にしていました。


    そうだよね・・・。


    ワンコが外でこんなカッコしてひっくり返って爆睡してるの、見たことないよね。


    野生のかけらも残っていない模様。


    P1001096.jpg

    日の傾きに合わせて?フジ子のパッカーンも少しつづ傾いて・・・・


    それでもやっぱり、ぎりぎりひっくり返ったまま、小一時間、この姿勢で爆睡。


    人が走って通り過ぎようと、子供が大泣きしようと、あげく他所のワンコが吠えながら通ろうと・・・・


    ちょこっと薄目を開けて、「安全確認」?すると、また爆睡。


    飼い主のそばで安心してくれるのはうれしいいのだけれど、


    こんなに野生がなくなってしまって良いものなのだろうか。


    P1001097.jpg


    目が覚めると、気持ちよさそうに、人みたいな恰好して寝転がったまま、


    こちらをチラッと見上げてゴロ~ン、ゴロ~ン。


    まるで、


    『気持ちいいですねぇ、オトーサン。』


    『来て、良かったですよねぇ、オカーサン』


    って何度も言ってるみたいなまん丸な目で見上げるフジ子の嬉しそうな顔にやられっぱなしの、


    オトーサンとオカーサンなのでした。


    県北の桜は少し遅いらしく、残っていた桜が、時折風で吹雪のように舞ってきて、


    去りがたい気持ちになる、穏やかな初夏の午後でした。


    P1070020.jpg


    色んな種類のチューリップも、沢山咲いていました。


    今年のGWはお天気もよさそう。


    フジ子、膀胱炎早くよくなるといいね。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary