スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    室内トイレへの道 その2 The way to Indoor Toilet vol.2

    フジ子の「室内トイレへの道」がスタートしました。

    手始めに、ネットや本で調べましたが、大概は、「外派の成犬に『室内トイレ』をしつけるのは、大変難しい」と書かれていました。


    最初は、「遊び場」ように作っていたサークルを狭め、60cmx90cmのワイドシーツを敷いたエリアをハウスから少し離れた場所に作りました。

    それまで何回か、リビングルームの中で「粗相」した場所で、複数回失敗した場所が、もしかしたら「フジ子にとって排せつしやすい場所」なのかも、と思い、そこからスタートしました。


    可愛そうでしたが、その日は朝のお散歩をなくし、ご飯のあと排せつがあるまで、ずっとそのトイレサークルに居てもらいました。

    いつも散歩でするはずのトイレのタイミングを見計らって入れるのですが、なかなかしようとしません。

    「犬のしつけ」の本に書いてあった通り、「するまで出さない。」と決めて、サークルの中にいてもらいました。


    けれど、フジ子は、いっこうにトイレの気配がありません。

    揚句に、トイレの中で、「ここが新しい『ハウス』ですか?」と落ち着いて寝てしまう有様。



    フジ子と私の根競べがはじまりました。


    根競べしながら、いくつか「犬のしつけ」の本を読みました。


    その中で、目からうろこの一冊に出会いました。


    沢山の警察犬を育てていらしたドッグトレーナの藤井聡さんという方の本でした。


    そこには、「室内トイレを教えるのに、『ペットシーツにおしっこを少量つけてニオイを付ける』というのは間違い。犬は清潔好きなので、「早く掃除してきれいにしてくださいよ~」と思っている。」

    というようなことが書いてありました。


    それまで、私たちは、外でしたフジ子のオシッコをペットシーツに少量つけて持ち帰り、トイレにセットしていました。

    それでもダメで、ダンナさんの勤務先の方からいただいた「トイレのしつけスプレー」というのも試しました。


    たしかに、フジ子はしばらくスンスン嗅いでいるのですが、そのあとは、全くトイレの気配を見せませんでした。



    そこで早速・・・・・

    それまでセットしていた「ニオイ」をつけたシートをすべて捨て、真新しいシートをセットしました。

    そして、再トライ!


    すると・・・・

    フジ子はいつも通り嗅ぎ始めると、まるで「うん、ここはきれいだわ」と確認して安心したかのように、ペタンとおしりをつけて「ジャー」。


    あまりのあっさりの成功に、びっくりでした。



    犬にもよるのでしょうが、巷のしつけ本がこぞって言っていることは、必ずしも全部の犬に当てはまるわけではないのですね。


    ほんとうに「正しいしつけ」のひとつの正解なんて、ないんだろうと思いました。


    今回は、藤井さんの本と、フジ子は、保護主のFさんのところで、お留守中にケージで粗相したとき、オシッコをよけるように端によって寝ていた、と聞いていたのがヒントになりました。

    犬によって、しつけの方法なんて、それぞれ本当に違うのだろうなぁ、とつくづく思いました。




    さぁ、次はうん○です・・・・。

    フジコーギー 「室内トイレへの道」は、まだまだ続きます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。