室内トイレへの道 その3 The way to Indoor Toilet vol.3

    「室内オシッコ」成功から数日・・・

    フジ子は、トイレの認識ができたらしく、そのタイミングでトイレサークルの中に入れて声をかけると、オシッコをするようになりました。

    出掛ける前などに、ここでしてから出かけられるので、とても気が楽になりました。

    また、出ないときは、「出ません・・・」という顔をしてこちらを見上げてお座りをするので、そのときは、「ああ、今はでないんだね」とすぐにトイレサークルから出してあげられるようになり、無駄に長く入れておかなければならないこともなくなりました。


    オシッコが意外にあっさりと成功したのに反して、ウン○は、難航していました。


    室内で全く気配がないので、我慢しすぎて病気にでもなったら、と結局根負けして散歩にでかけると、待っていましたとばかりに速攻でウサギのポーズでうん○。

    その時に、かぶせてコマンドをいうようにしていましたが、室内で同じコマンドをいっても、全く・・・ほんとうに全く気配がありませんでした。


    フジ子は、朝夕2回、決まってしっかりとしたうん○をします。
    (私には、羨ましい・・・。)

    うん○をしないかぎり、お散歩に行かない、とは思うものの、こんなにいいサイクルになっている排便サイクルを崩してしまっていいのかな、というのと、やっぱりお散歩に行けないのはかわいそうだ、という思いで、「室内トイレ(うん○編)」が挫折することが数日つづきました。


    「1日、2日、うん○がでなくても、大丈夫。人間だって、そうだろう。」
    ある日のダンナさんの一言を機に、私も決意しました。


    根競べ1日と半が過ぎた時・・・・・


    ご飯のあと、フジ子がくるくるとトイレで回り始めました。


    そして、ついに

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary