フジ子の食事 Fujiko's daily diet

    フジ子が我が家にやって来て3か月。


    P1050165.jpg


    もう、ずっと一緒にいるような感じです。

    フジ子のいない生活は、考えられないほど。

    P1050164.jpg


    基本的なしつけも落ち着いて、二人プラス一匹の生活の決まりやペースも出来上がり、穏やかな日々がスタート。

    フジ子との生活もこうして落ち着いてきたおかげで、私も、他の方のワンコブログなどを、「うん、うん」って頷いたりしながら楽しく読ませていただいていました。

    P1050162.jpg


    その中でも、犬の食生活については、今まで知らなかったこともたくさんあり、フジ子の食べ物についてもいろいろ考えるようになりました。


    フジ子は、基本的にはドッグフードです。

    ドッグフード派と、手作り派、それぞれの方の考えがいろいろあって、「なるほどなぁ」と思いましたが、私たちは災害のことや、人に預けなければならない事情が急に出たとき(年老いた両親のいる実家が関東なので)を考えて、今のところドッグフードとすることにしました。

    今はフジ子もまだ若いので(3歳)元気ですが、やがてシニアになっていった時は、また食事について改めて考えていかなければならないだろうと思います。


    何せ犬初心者なので、最初は全く分からず、ホームセンターで一番沢山売っている銘柄をすんなり買ってしまいました、

    でも、後からいろいろ成分などを調べ、注意して見るようになりました。


    ドッグフードの安全性について書かれた本や記事もたくさんありましたが、やはり「しつけ」で痛感したように、「その犬、その犬にあったやり方がある」と考えて、フジ子の様子をみながら、そして私たちの生活パターンや、家族の今後のありうるケースなども考えて、ドッグフードという選択をしました。

    選ぶにあたっては、あまり高価すぎるものは続かないと思いました。

    それで、獣医さんの仰っていた「銘柄はとくにいいけど、ラムとライスのものがアレルギーを起こしにくい」という言葉を頼りにアイムスのラム&ライスを選びました。


    アイムスがあっているのか、フジ子は今のところ、一度も下痢をしたことがありません。

    食べ物には本当に好き嫌いがなく、時々トッピングする野菜も、キャベツ、大根、ニンジン、ブロッコリー・・・美味しそうに何でも食べてくれます。

    ご飯は、残したことがありません。というか、秒殺。


    フードの量が、足りてないんじゃないか、というくらい、いつも切ない目で、ご飯の後みあげてくるものですから、何度パッケージの「適正量」を見直したことか・・・・。


    でも、健康で、まさに「快食快○ン」のフジ子の食の太さが、まさかの「食○ン」事件を引き起こしたのです。

    P1050156.jpg


    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary