「フセ」 「オスワリ」 ときどき 「オテ」 Down, Sit ....and Paw

    今日はフジ子の「しつけ」の話です。


    フジ子を飼い始め最初にしつけのことで話し合ったとき、ダンナさんは、犬にコマンドや芸を仕込むのは反対でした。

    それと「しつけ」は違うと思う、といいます。


    確かにそれも一理あるなぁ、と思うこともありますが、それでもやっぱり何かの時のフジ子の安全第一を考えて、と「オスワリ」と「フセ」は教えさせてほしい、と言いました。

    とっさのときに、できるだけ確実に落ち着かせる方法を持ちたかったからです。

    それが、フジ子の身の安全を守ることにもなると思ったのです。



    犬を飼い始める大分前からシーザー・ミランさんの番組を、二人して熱心に観ていました。

    たしかに、シーザーは、"Sit"とか"Down"とか"Wait"とか、言葉ではまったく言っていません。

    犬が従うのは、「言葉」ではなく「エネルギー」に対して、だと言います。

    そして、沢山の「芸」をこなせる犬が、安定した犬とは限らない、と。


    犬初心者の私たちに、いきなり「犬にはエネルギーで話せ」なんて無理というものですが、シーザーさんの番組を見続けるうちに、少なくとも犬と接する中で、何かしようかすまいか迷ったとき、「それは本当に犬のためなのか、それとも飼い主の自己満足なのか」ということをちゃんと考えて接しなければいけないんだなぁ、と思うようになりました。


    とはいえ、可愛く「オテ」とおやつをねだるワンコや、散歩の前にリードを持ってくるワンちゃんにちょっと憧れていた私には、少々さみしい気持ちがしたのも事実ですが・・・。


    シーザーさんの考えには反対される方もいるようですが、人間の無理解や、無制限に甘やかされた結果、収拾のつかない問題行動に行き着き、結局は人と住めなくなり捨てられてしまったり、酷い場合は殺処分対象になってしまった犬たちが沢山いることも事実です。

    そして、そういう犬を、「(犬ではなく)飼い主をトレーニングする」ことで、あれだけ沢山現実に救ってきたというのは、やっぱりすごいことだと思います。


    少なくとも、犬初心者の私たちが、犬に向き合う際に、沢山の貴重な気付きや励ましを、シーザーさんの番組や本からはもらいました。


    そして、犬というとても賢く繊細な心をもった生き物とともに暮らすことは、自分自身の精神状態を見つめることにもなる、という大切なことにも気づかせてもらいました。

    ほんとうに、犬にウソはつけない、と思うことがしばしばあります。




    さて、フジ子の「オスワリ」と「フセ」は、といますと・・・・


    「オスワリ」のほうは、比較的すぐにできるようになりました。

    でも、後ろ足がななめにぺたんと流れた「女の子座り」風のオスワリで、なんかヘン。

    いわゆる、ピシッとしたオスワリじゃありません。

    胴が長いから、前肢が足りない?!

    それとも、やっぱり後ろ足が弱いから、オスワリでも踏ん張れないのかな・・・。

    でも、フジ子のオスワリは、ゆるいフジ子らしくて、かわいいです。

    フジ子なりに、ちょっとだけ得意げな表情をして、横座りの前にピンと短い両手を伸ばして「頑張ります」と座るフジ子の姿が、何とも言えずにかわいいのです。



    ところが、「フセ」のほうは、かなり難航しました。

    フジ子は、何か待っているときも、四足で踏ん張ってりりしく立っている、ということがあまりなく、何かというと自分から勝手に伏せて落ち着いている(休んでいる)ようなところがあるので、「フセ」は楽勝だろうとおもいきや、飼い主から言われての「フセ」はいやだったようで、なかなかうまくいきませんでした。

    ビビり犬なのに、意外に我が強いんです、フジ子さん。

    オヤツとか、本にあった「折り曲げた膝の下を通らせる」とか、ほんとにいろんな方法で試しましたがダメでした。


    結局、朝夕にご飯をあげるときに「フセッ」の言葉とともに、フセて待たせるという形で教えたのが、一番早く覚えました。

    今では、「フセ」と言うと、ご飯じゃなくても、「(はっ、)ウマウマですねっ。」っとばかりに、けなげにパッと伏せるようになりました。(ほぼ・・・ですが。)


    やっぱり、覚え具合は、もらえる食べ物の「量」に比例するのですかね・・・・


    「フセ」「オスワリ」を覚えてくれたおかげで、人ごみの中で待つときや、とっさに飛び出させたくないとき、あと何より、「ここじゃないよ~っ!」という場所で「オシッコ」や「ウン○」の気配をみせたとき(この場合は「フセ」ですが。)、止めることができるので、ほんとうに助かります。


    ただ、問題は・・・・・・

    フジ子は、「オスワリ」と「フセ」を、未だによく間違えます。

    「これですよね」っと、真剣な顔でこっちをみているのに間違えると、こっちが思わず「ぷっ」っと噴き出してしまいます。

    ごめんね、フジ子は一生懸命なのに。


    でも、「オスワリ」と「フセ」。

    全然違う言葉なのに、どうして間違えるんだろう???

    まあ、一番肝心なのは、その場で「落ち着いてもらうこと」なので、それができていれば、良いのかな。



    今日も、「オスワリ!」 の号令に


     「・・・はっ
    P1050203.jpg


    「違うよ、フジ子。それはフセ・・・」


    P1050204.jpg

    「おっと。これ、でしたよね?」


    よくできました


    (今度は、オトーサンに内緒で、こっそり「オテ」の練習しようね。)


    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary