スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    三井アウトレットパーク 倉敷[MOP]  Mitsui Outlet Park in Kurashiki

    GW中に、三井アウトレットパーク 倉敷に行きました。

    このモールでは、ワンちゃん連れでショッピングを楽しめます。

    フジ子が我が家にくることが決まったころ、犬連れで入れる場所をいろいろと調べているときに、同じく保護犬だったコーギーちゃんを迎えられたskipママさんのブログで紹介されていました。

    今回で2度目の挑戦です!

    前回は、飼い主もフジ子も緊張のため(というか、正確には「飼い主が」・・・)、ほとんどスリングで抱っこして歩いていましたが、今回は、フジ子も一緒にウィンドウショッピングに参戦です



    倉敷アウトレットモールの敷地内は、リードをしていれば自由にワンちゃんと歩けます。

    (ショッピングモールに隣接して、ワンちゃんOKの広い公園もあります。)


    それぞれのショップへの入店については、ワンコ可(抱き上げて入店)か、そうでないかが、店舗入り口の横にわかりやすくシールで貼ってあります。

    入れるお店には、みどりのWelcomeマーク。

    P1000080r.jpg
    「ここは、一緒に入れますね


    そうでないお店には、赤でSorryの表示がありました。


    基本的にウィンドウショッピングで大満足なのですが、入りたいなぁというお店にくると、フジ子はおとーさんに抱っこされて、ご入店。


    でも、やっぱりこの季節、抱っこは暑かったのでしょうね。



    P1000079.jpg

    「おとーさん、あたいたちはここで待ちませんか?」



    暑がりさんなフジ子さん、首に巻いているバンダナの中には、実は保冷剤が2個仕込んであります。


    先週暑くなり始め、お昼におでかけした帰りの車のなかで、そのまま獣医さんのところに直行かというくらいゼーゼーハーハーと呼吸のアガってしまったフジ子なので、今日はクーラーバッグに沢山アイスノンを仕込んで持ってきました。


    (アイスノンはワンちゃんにとっては猛毒なる成分がはいっているそうで、誤って食べてしまって死亡事故となってしまうケースも多いと注意を喚起をしておられた獣医さんの記事を読んだので、使うときは見張っていられるとき限定なのですが。)

    というわけで、今日は保冷剤の助けを借りての外出ですが、スリングで抱っこするとやっぱり暑そう・・・・。


    なので、途中から店内には私一人で出陣です。


    「フジ子、すぐだからね。おとーさんと待ってねっ


    夏用のステキなチノパンがとてもお安くなっていました

    時間を気にしながら試着に並ぶ間も、すぐそこのガラス越しにすぐおとーさんと一緒のフジ子が見えます。

    それが、何だか嬉しくて、にやにやしてしまいます。


    (ガラスの向こうでは、「おかーさん、長いねぇ~」と本当はため息ついていたかもしれませんが・・・・



    P1000081.jpg
    「おかーさん、いいのが買えたですか


    そして、今度はダンナさんが出陣。


    ダンナさんは、お目当てのものは見つけられなったみたいですが、ほんとはこっちが大本命に違いないゴディバのチョコリキサーを、喉を鳴らして飲み干しておりました。



    アウトレットで、いろんな方が通りがかりにフジ子に声をかけていってくださったのですが、とってもやさしいおねえさんが、

    「うちも、コーギー飼ってたんですよ。」って、ほんとうに愛おしそうにフジ子を撫でてくださっていました。

    コーギーちゃん、こうしていっぱいいっぱい撫でてもらって、おねえさんと、沢山思い出をつくったんだろうな。



    声をかけて下さる方の中で、「コーギーを飼っていたんですよ」とおっしゃる方にも、よくお会いします。



    愛着、というのでしょうかね。

    やっぱり、一度飼ったワンコは、その犬種がすごく好きになるのかもしれません。


    絵本やテレビで可愛い姿を見ていましたが、コーギーという犬種について特にあまりよく知らないまま、ご縁あってにフジ子に出会った私たちでしたので、フジ子がやってくることになったとき、急いで図書館にコーギーの本を何冊も借りに行きましたっけ・・・。

    今では車からも、道にコーギーを散歩されてる方がいると、ついついコーギーを目で追ってしまいますし、フジ子のお散歩中や、テレビでもコーギーがでているのをみると、「コーギーだよ、コーギーだよ!」とテンションがあがっています。


    「次にもし飼うことがあったら、やっぱりコーギーかなぁ?」

    なんて、何の考えもなく軽く口にした私に、

    「次は、ない。ウチの子は、フジ子だけだ。フジ子みたいな子は、他にはおらんから・・・・・・。ウチの子は、フジ子一代きりでいい。」

    見ると、超真顔。

    おとーさん、いつの間に、そんなに一途になってたんですか・・・・


    でも、本心をいうと、私もそんな気持ち。


    お別れする日のことなんて、今から考えてしまうと悲しいから、考えないけれど、本当は、私もそんな気持ち。


    フジ子が虹の橋をわたる日は必ず来るし、それはずっと先かもしれないし、思っていたよりその時は早くやってくるのかもしれない。

    でも、見送った後、もしも、「やっぱりまた犬と暮らしたい」という気持ちに心からなれるとしたら、できればフジ子の「後輩」の、家族を待っている1ワンコを迎えたいな。



    P1000102.jpg
    「今日ば、アツかったですね・・・」      (↑『冷え冷えマット』入り特製お布団)




    フジ子、ほんとうに気持ちよさそうに、眠るねぇ。



    「うちの子は、あとにも先にもフジ子だけ・・・!」 

    おかーさんも、やっぱりそう言ってしまうかもしれないなぁ・・・

    テーマ : わんことの生活
    ジャンル : ペット

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。