スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    フジ子との里帰り Homecoming with Fujiko ② (東京編)

    東京駅に何とか無事到着です。

    フジ子をソフトクレートからバギーに移します。

    ホームのエレベータまで行き着くのでさえ、バギーとスーツケースを押しながらというのは、人が慌ただしく行き交う狭いホームでは、思ったより大変でした。

    世の子連れお母さんたちの偉大さを思い知りました。


    何とかエレベータにたどり着き、事前に調べておいた、エレベータ・スロープの使えるルートで丸の内口側へ。


    勝手知ったる東京駅・・・・のはずでしたが、バッグひとつで歩いていた時とはわけが違いました。


    ほんとに同じ東京駅?と言いたくなるくらい勝手が違くて、今回はかなり戸惑いました。


    ここ数年、急ピッチで「お化粧直し」をした東京駅なので、エキナカも充実していろんなものが新しくできていたせいもあるのでしょうが、やっぱり、エレベータやスロープのある場所が、ほんとうに限られているのです。


    何度も目の前に見えているに階段(←やっぱり便利なところにある)を横目に、なんでこんなところに・・・と思うところに追いやられた感のあるエレベータやスロープを目指し、ひたすら迂回を繰り返しながら、なんとか丸の駅口までたどり着きました。


    車いすや、お子さん連れでバギーの方は、いつもこんなに大変なんだなぁ。




    改札をでてすぐに、フジ子をカートから降ろし、リードでつないで地面に降ろしました。




    フジ子にとっては、朝家をでてから実に5時間ぶり近くの「地面」。


    ウラーッ!万歳



    朝から大好きなゴハンもちょっとしかもらえず、いきなり狭いところにいれられて、ゴゥゴゥーって大きな音のなる乗り物に揺られて、周りで何が起こっているかわからなかったから、不安だったろうなぁ。


    P1050746.jpg
    「ここは、どこですか・・・。」 


    犬連れ旅を書かれている方々のブログを参考に、皇居前の公園がワンコOKということなので、まずはそちらに向かいます。


    地面を歩き始めた時の、嬉しそうな様子といったら・・・・


    P1050748.jpg


    すこし広い場所にでてから、乗り物前だからとお預けにしていたフジ子のゴハンとお水をあげ、自分たちも買ってきた食事を軽くつまみました。


    ちょうど小春日和のお天気で、休日の丸の内は、観光を楽しむ人たちが楽しそうに、のんびりと歩いていました。


    毎日通っていた東京駅のこんなそばに、こんな素敵な場所があるなんて、なんで気が付かなかったんだろう。


    通勤で疲れた体を押し出すように人とぶつかりながら歩いていた同じ場所が、その頃は想像もしなかったシチュエーション(=まさかの、犬を連れて旅し、日なたぼっこしながら犬とお弁当を食べている・・・・)。


    同じ場所が、なんだかキラキラして、まったく別の場所に思えました。


    こんな幸せな時間も、フジ子が運んできてくれたんだなぁ。


    フジ子のおかげで、こんな旅ができたよ。


    ありがとう。



    皇居前の公園には、徒歩5分ほどで到着。

    (東京駅のこんなに近くに、こんなに素敵な場所があったなんて・・・!ほんとになんで気が付かなかったんだろう


    ちょうど、イチョウが見事な黄金色の葉を金粉のように降らせ、地面が大きなタペストリーのようになっていて、とてもきれいでした。


    P1050756.jpg

    さらに、銀杏が、ぷぅ~んと、あまりロマンチックでないこうばしい香りを漂わせています。

    (このあと、走り回ったフジ子の肉球と、バギーの車輪に銀杏の皮や汁が付着し、匂いがタイヘンなことに・・・・


    P1050761.jpg
    P1050760_201512030942343ad.jpg
    皇居警備中です。



    小一時間ほどお散歩を楽しみました。

    フジ子、手足をちゃんと伸ばせたかな?


    とはいえ、最重要課題のうん○とオシッコは、なぜかまったく気配さえ見せず・・・・。


    まぁ、水もちょっとしか飲ませていないし、ゴハンもさっき食べたばかりだし、仕方ないのかな。


    うん○は朝のお散歩でしたしねぇ。



    一番心配なのは、初めての実家に足を踏み入れた瞬間、「チャ〰」とならないか、ということなのです。



    いまだに、「ビビリショ○」と「ウレショ○」のある、フジ子です。


    とくに、初めてのお友達とご挨拶したときは、ほぼ100%、嬉しいのかビビっているのかわかりませんが、必ず「チャ〰」っと来ます。


    それから、初めての経験で、どうしていいかわからないとき。


    例えば、ソファーの前の犬階段を初めて目の前にして「アップ」と言われたとき・・・・・・

    ボール遊びのボールを初めて投げられてどうしていいかわからなかったとき・・・・・・

    なぜかその場で「チャ〰」。



    実家について、いきないりその洗礼は避けたかったのだけれど。

    やっぱりこればっかりはしょうがない。
    (念のため、犬用おむつも持ってきたし・・・。)


    P1050758.jpg
    「あたいだって、こわいんです。」



    P1050759.jpg

    さて、フジ子、もうひと頑張りだよ。


    フジ子、いよいよ初めての実家へと向かいます。



    (次回へ続く。)

    テーマ : わんことおでかけ♪
    ジャンル : ペット

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。