甘えはじめ

    「フジ子~、ゴハンだよ。『ハウスッ』」

    と呼ぶと・・・・

    「転居」後、ときどき旧ハウスの方角に間違って走り出すこともあるフジ子です。

    そんなときは、

    「ハッ(しまったっ)」

    という顔をして、新しいハウスの方角に戻ってくる表情が、たまりません。


    最近は、

    「間違ってなんか、いませんよ。」


    っていう顔をして、


    「だって、アタイ遊んでるんですから」


    ってフリをして、イスの周りをくるくるって回ってからはハウスインするのが、笑えます。


    犬も、ごまかしたり、トボけたり、するのかな。


    新しいクレートは今までのより少しサイズが小さいので、ゴハンの支度ができるまでクレートで待っていて・・・・


    P1000963.jpg

    「おいで」

    の声で出てきていたはずが、いつの間にか、ボールを床に置いた瞬間にダッシュしてでてくるようになってしまったけど、


    この、


    「一音だって聞き逃しませんからっ。」

    という、一日中で一番賢そうな健気な顔が、愛おしい。


    飛び出してはくるけど、目の前にあるゴハンのはいったボール、「ヨシッ」の号令が出るまで、よだれが出てもちゃんとフセして見上げている。


    人懐っこく、攻撃性のかけらもない子だけれど、わがままをしたり、甘えて好き勝手?!を自分からすることがなくって、


    それが「なついている」ということとイコールではないけれど、


    「もしかして、厳しく育てすぎた?のかなぁ。」と心配になったこともあたりして、


    なんだかどこか遠慮しているようなところがあるような気がして、それがずっと気になっていた。


    来たばかりの頃、頭の上に人の手が来ると、首をすくめて逃げるような恰好をしておびえていたフジ子。


    「ヒトの手は、いいものだぞ~」


    とオトーサンと交代で、しつこいくらいいっつも触って、毎日、毎日のフードも1/3だけ取っておいて手から上げていた。


    (早食い防止、もあったけれど・・・)


    もう、手を頭の上にやっても、ちっとも怖がらなくなったから、


    もうそろそろ、いいかな・・・・と思うのだけれど、


    これが、フジ子と私たちの儀式みたいになってしまった。



    この、毎日の儀式が、今ではとても愛おしい。

    P1060971.jpg


    だって、こんなに楽しそうに待っているのだもの。


    今では、オトーサンの手が大好き。

    P1000952.jpg


    オトーサンの膝も、大好き。

    P1000966.jpg


    最初のころは、「おいで~」といっても、躊躇して、人の上に上らなかったフジ子の、

    今のお気に入りの場所は、「ヒトの膝の上」。


    本を読んだり、PCで作業していると・・・・


    最初は呼んでも、膝に上るまで、「パピーリフト」してオズオズ、モジモジしていたのが、


    だんだん、「上げてくださいな。」と自分からそばに来て横にお座りして訴えるようになり、


    今となっては、


    「今はダメ。」


    と気が付かないフリをしていると、手で

    「ちょん、ちょん・・・

    と肘をつついてくるようになった。


    そのしぐさが、あまりに人間ぽくって、笑ってしまう。


    根負けして、作業中でもPCを閉じて


    「いいよ」

    というと、嬉しそうに膝に上ってくる。


    そして、

    「ブヒッ・・・グゥッフゥ~ッ」

    という、かわいい顔に似つかない、おっさんくさい安堵の寝息を立てて寝始める。


    可愛い顔ににつかない・・・と言ったけれど、

    P1000970.jpg

    よく見たら、こんな放心フェイスでお休みでしたか・・・、フジ子さん。


    P1000971.jpg

    こうやって、甘え初めてくれるまで、2年半か・・・・。


    何だか、オカーサンは、嬉しいな


    P1060982.jpg

    秋の里帰りで泊った犬連れOKのホテルの客室にあってとても気になっていた画家さんの絵。

    なんとなんと・・・・先日行った家具のお店で偶然見つけました。


    感動の再会( ;∀;)


    サム・トフトさんという、イギリスの画家さんの絵でした。


    旅する3人(2人&1匹)の絵を、「いつもいっしょ」の願いを込めて、買ってきました。


    「こうやって、一緒に旅したね。」


    私が、玄関横に飾られたその絵の前で指さして感慨深くたたずんでフジ子に話しかける横を、


    お散歩出陣前のハイテンションな娘は、全速力で通り過ぎていきました。


    テーマ : コーギー
    ジャンル : ペット

    転居

    フジ子のクレートを、新しくしました。

    家に来たときは、こんなクレートでした。

    P1040876r.jpg

    ↑家に迎えるにあたって、ダイジョウブ。さん(=保護主さん)に「飼育環境」を撮って送ったときの写真(なつかしい~♡)。

    あの頃は、フジ子がどんな子なのかわからなくって、誤飲誤食防止に、机の上から、棚の上から、何から何まで全部ものを手の届かないところにしまったっけ(笑)。

    ケージの場所は、「犬は角の隅っこや奥が落ち着く」と聞いて、リビングの一番端っこに置いた。

    フジ子が、諸手続きや手術を澄ませていただき我が家にやってくるまでの3週間、ほんとに待ちきれなくってこのケージにダイジョウブ。さんから送っていただいた写真をプリントアウトして置いて話しかけていたっけ(笑)。

    初めて来た日は、やっぱりとっても緊張した様子で、

    「本日はお世話になりました。」

    P1040886.jpg

    って、今にもいいそうなシブい律儀な顔をしていフジ子。

    P1040891.jpg


    でも、こんな風に、少しでも人間のいる方に近く頭を向けて寝る姿がいじらしくって、毎晩カーテンを閉めて「おやすみ」をいうのがつらかったなぁ。

    今では、すっかり飼い主のベッドに定住しているけれど・・・。

    当時は、犬を飼うのが初めての私たちには、手当たりしだいに本やブログを読んだけれど、何からなにまで試行錯誤で、フジ子との境界線のひき方も、よくわからなかった。

    こっちが緊張していたから、フジ子も緊張したんだろうなぁ。


    それでも、一週間もしないうちに、


    P1040910_20170202163220db9.jpg

    ケージの中で、こんな姿でひっくり返って爆睡して、大物っぷりを見せつけてくれたっけ。


    だんだんと、フジ子エリアは広がり・・・・
    P1040955r.jpg


    結局今となっては、ケージはご飯の時しか使わなくなってしまった。


    一緒に暮らしながら、フジ子は、犬初心者の私たちのところで、おたおたする飼い主に合わせて、人間との暮らしのいろんなことを、決して早くはなかったけれど、一生懸命頑張って、頑張って、身に着けていってくれた。


    成犬になってから、こんなふうに新しい環境で暮らし始めるっていうことは、犬にとっては、ほんとうはすごく大変なことだったのじゃないだろうかと思う。

    2年と3か月が経ち・・・(あらためて、まだたったの2年ちょっとなんだ~!!と驚いてみたり。)

    いつの間にか、フジ子は当たり前みたいに飼い主の暮らしに溶けこみ、いたずらもせず、吠えもせず、飼い主のいるところのそばに寄り添う「寄り添い犬」になっていた。

    譲渡していただくとき、

    「ほんとうに、人のそばが好きな子だと思います。」

    と言われた通り、フジ子が一番好きなのは、ゴハンより、お散歩より、結局「ヒトのそば。」のような気がする。


    ちょっと、離れて一人に放っておかれると、「自家中毒」を起こしたり、留守番中に、普段はしないのに短い時間に何度もトイレをして、もう出ないでしょう、ってほど頑張ってたり。(「トイレをすると、オカーサンが褒めに来てくれる」、と思っている模様。)


    そんなフジ子のクレートは、やっぱり部屋の片隅の角っこじゃないよねぇ。



    そろそろ、フジ子のケージも、フジ子らしい場所に転居しようね。


    飼い主たちに一番近い「ソファー」のすぐ横へ、お引越し。

    P1060957.jpg
    「ここが、アタイの新しいおうちですか?」

    これを機会に、災害避難をするときのことなども考え、車にすぐ積める折り畳み式のクレートに・・・。

    ソファーと高さもそろって、いい感じ♪


    P1060954.jpg

    「新居」の横で、早速お昼寝。

    P1060953.jpg

    ほんとに、気持ちよさそうに眠るねぇ。

    P1060949.jpg


    仰向けに「ぱっか~ん」しようとして、微妙に途中で止まってる・・・


    P1060946.jpg
    おっさんのように、頭をポリポリと掻き

    P1060944.jpg
    ようやく「ぱっか~ん」完成。

    P1060942.jpg

    ずっと、ずっと長生きしてね。

    お守りくださっている犬神様にも、ちゃんと「転居届」出しておくんだよ。


    テーマ : わんことの生活
    ジャンル : ペット

    目覚め

    寒さもピークのこの頃。

    30分も外を歩くと、耳が痛いほど冷たい・・・ので、ついついお散歩が短くなってしまいます。


    赤ずきんちゃんのおばーちゃんのベッドにもぐりこむオオカミみたいな笑える姿で、人間みたいに上手に飼い主と寝ているフジ子ですが・・・

    運動不足なのでしょうか。

    最近なぜか夜中2時半ころに、もれなく置きだして、

    「あ、うっふぅ~ん

    という、セクシーな声で飼い主二人を交互に起しては、

    ゴロ~ン、ゴロ~ン、と仰向けになってころがってきます。

    御尻をグイグイッと押し付けてては、力いっぱい幅寄せしてくる。

    最近は体重もあるもんで、けっこうなパワーで体当たりしてきます。


    「フジ子、『シィ~ッ』だよ

    といっても、嬉しそうに、幅寄せ継続。

    今は、遊ぶ時間ではないんだよ、フジ子。


    吠えたり、起き上がったりするわけではないんですが、この行動って、なんなんでしょうね~。

    これって、「自我の目覚め」?

    それとも、単なる運動不足かなぁ。



    というわけで、意を決して「ロング散歩」へ。

    P1060855.jpg
    「やった~♡」

    フジ子、やっぱりお外は嬉しそう。

    P1060854.jpg
    「オカーサン、早く、早く。」

    P1060858.jpg
    「お日様が、気持ちいいですね。」

    P1060859.jpg
    公園のバラも、ローズヒップになって、春を待っています。

    階段を見つけると

    P1060852.jpg
    「降りたいです・・・。」と、じーっと熱い視線。

    年末に足をくじいて以来、ステップの上り下りをするたびに再発するので、今は階段全面禁止中。

    「フジ子は、アンヨいたいから、今はダメなんだよ。」

    痛めた右腕をポンポンッってして説明しますが、たぶんわかるはずもなく・・・・。

    P1060856.jpg
    「こっちに、来たいんだってばっ」

    最近、こんな「自我の目覚め」の表情をする、フジ子です。

    ちょっとだけ、リードを引っ張って踏ん張ってみたりするのですが、

    「迫力なぁ~い

    あっさり、オカーサンに引っ張られていきます。

    でも、その代わり、今日はいっぱい歩いてあげるからさ~。

    久しぶりに足をのばしたばら公園。

    こんなミニ・ガーデンができていました。
    P1060877.jpg
    夕陽に黄昏てるつもり?

    P1060868_20170124141852add.jpg
    お座りは、やっぱりキリッとはいかず・・・「女子座り」になっちゃうねぇ。

    でも、かわいいったら( ´艸`)

    P1060883.jpg

    公園の出口に、一輪バラの花が咲いていました。

    冬着たりなば、春 遠からじ・・・


    テーマ : 犬のいる生活
    ジャンル : ペット

    大好きなもの

    フジ子の大好きなもの

    一番・・・お散歩。


    服を着せてもらうと、

    誰よりも先に、真っ先に玄関に出て、おすわり。

    P1060786.jpg

    オトーサンがトイレにいっていたり、オカーサンがケータイを忘れたともどったり、

    なんだかんだと待たされても。

    ひたすら待つ・・・待つ・・・。

    最初の頃は、嬉しくって廊下をくるくる牧羊犬走りしていましたが、

    最近は、玄関の敷居から落ちそうな、ぎりぎりの最前線で待っています。
    P1060787.jpg

    ぎりぎりまで行き過ぎて、ときどき前足だけずり落ちてしまうのに、

    また何もなかったように定位置に戻って、すまして「ピシッ」とお座りしているのが笑ってしまう。


    「まだですか~?」
    P1060788.jpg

    ニンゲンはいろいろ、支度があるのだよ、フジ子。

    でも、決して吠えたりしない。

    嬉しそうに、早く行きたい感を背中に漂わせ・・・

    ひたすら待つ・・・待つ・・・。

    P1060819_20170116173510603.jpg
    雪の日だって、

    ひらひらレインコートの下に、カットしたての桃尻を隠して、

    ひたすら待つ・・・待つ・・・・。

    雨の日は嫌いなのに、雪の散歩は大好きみたい。

    とってもはしゃぎます。

    P1060821.jpg
    「遅いですよ~」

    待ちきれなくなると、ときどきこうして迎えにくる姿が、何とも言えずに愛おしい。

    フジ子の大好きなもの。

    二番、オトーサンのそば

    オトーサンは、「フジ子はオカーサンっ子だ」というけれど、オカーサンは知っている。

    オトーサンが帰ってくると、フジ子は、一度だけ

    「ウォンッ」と小さく吠え、ライオンキングみたいなポーズで精一杯伸びあがって、無いしっぽをプルプルと振るわせているのを。

    それが、フジ子が一日一回だけ鳴く、貴重な声。


    オトーサンにお腹コチョコチョをおねだりし・・・

    P1060797.jpg


    P1060799.jpg
    ご満悦。

    P1060801.jpg
    で、すぐに爆睡。

    P1060790.jpg
    ついでに、おんなじポーズで、オトーサンも爆睡。

    P1060810.jpg
    オトーサンが本をよんでいると、頭を摺り寄せ・・・


    P1060812.jpg
    ころん、ところがって、爆睡。

    フジ子は、オトーサンのそばが好きだねぇ。


    オトーサンとオカーサンの大好きなもの。

    フジ子の寝顔。


    【おまけ】 ヨーグルトのおすそわけを待ちながら・・・
    P1060834.jpg

    最近、インフルエンザ対策に始めたR-1ヨーグルトの味を知ったフジ子の、新たなお楽しみなのでした。

    元気に冬を乗り切りるぞ・・・♪

    テーマ : 犬のいる生活
    ジャンル : ペット

    「ごん、お前だったのか・・・」

    出遅れましたが・・・

    あけまして、おめでとうございます!

    今年もよろしくお願いいたします。


    年末に捻挫したフジ子ですが、サプリ(アンチノール)が効いたのか、すっかり元気に歩き回るようになりました。

    右前足をつかないようにけんけん歩きしていたのも、しなくなりました。

    今年はお正月お天気に恵まれて、毎日たっぷり、ゆっくり歩きのお散歩ができたおかげかな。


    フジ子の足を気遣って、毎日ほぼ同じ道をゆっくりゆっくり歩きしていて気が付いたのですが、意識してゆっくり歩くと、本当に心が落ち着いていくものですね。(名付けてフジ子セラピー


    ところで、先日お散歩していたら、後ろから歩いてきたお父さんに連れられて歩いていた坊やが・・・

    「おとーさん。キツネっ。キツネが歩いとる。」


    周りには、私たちしかいなく・・・

    まさか、キツネ=フジ子のこと?!(ぷぷっ)


    早速お父さんは、

    「あれはね、コーギーっていうワンワンなんだよ。」

    と優しく説明してあげていました。


    こんなシッポのない不思議な「キツネ」のこと、坊やは覚えておいてくれるかな?


    フジ子とお散歩していると、いろんな方が声をかけてくださったりして私たちもとても心が和むのですが、この坊やが今年まず一番のヒットでした(^^♪


    ところで、最近フジ子は、新しいワザ?を覚えました。

    「ごろ~ん」の号令で横になり。

    P1000926.jpg

    P1000928.jpg
    指を出して~

    「パンチ、パンチ、パンチ」

    というと・・・・

    P1000929.jpg

    一生懸命高速回転で、両前足交互にパンチを繰り出します。

    体重の負担をかけずに、リハビリというか、なんとか前足を動かす方法ってないかなぁ、と考えていて思いついた遊びなのですが・・・・

    そのあともらえる「ボーロ」につられて、フジ子も最近自主的に「パンチ、パンチ」を繰り出すようになりました。

    先日もオトーサンの実家で、「ごろ~ん、パンチパンチ」を披露して、イチゴにリンゴの大好物をもらったもので、さらにますます「パンチパンチ」に熱が入るフジ子なのでした。

    P1000935.jpg

    「ぼーろ」をもらって、うっとり・・・な目線。

    こうやって、白いラグに寝ていると、雪原に横たわるキツネに・・・・確かに見えなくはない(笑)。

    P1000936.jpg

    「ごん、おまえだったのか」(新美南吉『ごんぎつね』風)

    あ、あれは悲しい話でしたよね💦


    今年も笑顔いっぱいで過ごせる一年となりますように!!


    続きを読む

    テーマ : 犬のいる生活
    ジャンル : ペット

    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(保護時推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary