ワクチン接種 the Vaccination

    先日、フジ子の混合ワクチンの接種にいってきました。


    昨年、愛護センターをでるときに、フジ子は「9種混合ワクチン」を接種していただいています。



    私はどこかで勘違いして、「狂犬病」と「混合ワクチン」はてっきりセットで法的義務だと思っていたのですが、「狂犬病の予防接種」は法的な義務ですが、「犬の伝染病に対するワクチン」の接種はあくまで、飼い主のオプションとされるものなのだそうです。

    とはいえ、日本の場合、ドッグランやドッグホテル、トリミングサロンなどで、狂犬病と混合ワクチンの予防接種の証明書を条件とされているところが多いです。(混合5種以上、接種後2週間以上、1年未満であること、というふうになっていることが多いようです。)


    我が家は、実家の両親が歳なこともあり、「何か」があって急な用事で東京に帰る場合、フジ子をすぐにドッグホテルに預けなければなりません。

    その際に急いで打ったからといってドッグホテル(あるいは連れて行くという選択をした場合の宿泊先)の条件としている「接種後2週間以上」の条件に間に合うわけではありません・・・。 (というか、打ってすぐのフジ子を置いていけるわけがない・・・)。

    今回は実際に近々にフジ子連れの宿泊を予定していることもあり、すくなくとも「混合5種」以上のワクチンを受けるという方向で、いろいろと悩みました。


    自然に接する機会がとても濃厚な環境の場合や、飼い主さんが保健所などに行かれることが多いケースなどは、接する環境によってどうしても受けたほうが良い場合もあると思うのですが、犬の多種の多種混合ワクチンを毎年毎年接種することのリスクについては、最近多くの獣医さんもいろいろな場で書かれるようになってきました。


    他の方のブログなどで、実際接種後ワンちゃんの具合が酷く悪くなった話や、免疫疾患やガンとの関連性を指摘する記事などを具体的に読むと、心配は尽きません・・・・。  (心配しすぎっていうのもいけないんですけど、なにぶん心配症です。)

    調べた上で、納得した上で受けるのならそれはそれで自分で覚悟もできるのですが、「知らなかった」で後悔するのでは辛いですから。


    動物への負担を考え、一つ一つの抗体の有無を検査した上で必要なものだけ、その年によって接種するという方法となっている国もすでに多いそう(ヨーロッパなど)。


    フジ子を保護してくださった保護主さんの預かられているシニアのワンちゃんたちも、抗体を検査された上で必要なものを接種されていたことを思い出し、いつもの獣医さんのところに伺うと、ワクチンの抗体検査自体のほうが、混合ワクチン接種よりむしろ高額というのも驚きましたが、意外なことに、そちらでは成犬は「混合11種ワクチン」のみという選択でした。


    ほんとうに、11種も、フジ子に必要なのか・・・・。

    種類が多くなればなるほど、ワンちゃんへの負担も大きくなると言います。




    決める前に・・・と、ワクチンのそれぞれの説明をいろいろ読んでいるうちに、何を受ければよいのか、何は必要ないのか・・・なんだかコンガらかって、わからなくなってきてしまいました。


    それで、かつてフジ子を引き出して助けて下さった保護主さんが犬の医療についてとてもよくご存じなのを思い出し、思い切ってワクチンについてお尋ねしてしまいました。(ほんとに、お忙しいのに、手離れの悪い里親で申し訳ないです


    今回は、ホテル等で指示されている「混合5種以上」が必要用件なので、5種と、それ以上(9種とか11種とか)の違いは何か、ということが、よくわからなかったので、教えていただきました。(F様、お忙しいところ、ご丁寧にほんとうにありがとうございました


    この大きな違いは、「犬レプトスピラ病」のワクチンの有無でした。


    これは、人にも感染する可能性のある伝染病ですが、ネズミの糞や尿を媒介として伝染するそうです。(ドブ水とか・・・。)


    でも、わが家のように、「座敷犬」で、散歩も比較的市街地で、特にアウトドアに出かけて山や森にでかけるということが多くなければ、レプトスピラが感染するという可能性は低い。(しかも、レプトスピラワクチンは数か月から半年で効かなくなってしまうので、次の接種まで1年間安全というわけではないのだそう。)


    というわけで、もしフジ子を連れて「山奥に出かける」とか、「川を泳がせる」とかというイベント(?!)がでてきたら(多分、無いと思いますが・・・)、そのときは追加で単体ワクチンを打つこともできるわけなので、今回は5種で行くことにしました。


    公園の犬友ママさんに聞いていたいくつかの動物病院に電話して問い合わせをしてみて、我が家から比較的近く、6種か8種を、診察後相談して決めましょうというクリニックに伺うことにしました。


    先生も、やはりフジ子の生活パターンを聞かれて、6種(通常の5種+コロナウィルス感染症)の混合ワクチンの接種を勧めてくださいました。 (ちなみに、フジ子県では、ここ数十年犬レプトスピラは出ていないそうです。発症が報告された場合は皆さんにお知らせするようにしています、とのことで、ひとまず安心。)


    当日は、1時間くらいは急性の反応が出たときのためにということで、病院のそばで車で待機してから帰ってきました。


    先生に言われていたとおり、フジ子は当日の夜少しだけ耳が熱っぽい感じでしたが、翌日からは、元気もりもり・・・・。

    P1000107r.jpg


    ほっとしました。


    あと、1か月開けたら、今度は狂犬病の予防接種です。(昨年の接種は11月1日。)



    でも、フジ子がシニアになっていったら、5種でさえ、負担になっていくのかもしれません。


    そうしたら、きちんと抗体を調べて、必要なものだけ接種できるようにできたらいいのですが・・・・・。

    (でも、そうしたら万一のときとかは、ペットホテルとかは預けられないんだよな・・・・。)

    先のことを考えると悩みは尽きず?! またいろいろ方策を考えなければいけないです。





    どうか、フジ子が元気で長生きしてくれますように。

    ・・・いや、たとえ病気になったとしても、身体に不自由ができたとしても、フジ子が、フジ子らしくいられますように。




    P1000101.jpg
    「フジ子。おちょぼ口で、何を、考えているのかな?」



    【おまけ】

    最近遊びにきてくれた近所のリサお姉ちゃんが、フジ子の「肖像画」を描いてプレゼントして下さいました。

    (絵心のない私・・・。こういう絵を、サ~っと描いてプレゼントしてくださるって、すごくアコガレます


    「ニカ~ッ」っとご満悦の、フジ子さん

    P1000097r.jpg

    「また、あたいのヘン顔撮りましたね?!」



    そして、絵と実物のフジ子のスマイルを見て、さらにニヤけている飼い主なのでした


    大好きなフジ子のスマイルの描かれた絵、宝物です (さっそく大きく額装してしまいました。親バカ全開です・・・


    P1000114.jpg
     
    Beneath the wings of an Angel..... 天使の羽の下で、あなたがいつも守られていますように。


    テーマ : 犬との生活
    ジャンル : ペット

    股関節形成不全  Hip Dysplasia(HD)

    犬の股関節形成不全。

    大型犬に多い遺伝性疾患なのだそうですが、コーギーにも多いのだそうです。


    先日、朝のお散歩でよく会うママさんから、

    「もしかして、フジ子ちゃん、股関節外れてたりしない?」と言われました。


    週末のテレビで、IMALUさんのコーギーちゃん(3歳)の病気の話をやっていたそうで、IMALUさんが、「この子は後ろ足が弱いなぁ」と気にしていたのが、診察してもらったら股関節形成不全で、気が付かないまま、クセになってしまって固まってしまっていたということでした。(私は番組を見ていないので、詳細はわからないのですが。)

    「普段のフジ子ちゃんの歩き方を見ていて、ちょっと気になったから。連れて行くなら早いほうがいいから、一度レントゲンのある動物病院に、早めにいってみたほうがいいよ。」

    と教えてくれました。


    帰宅して、ネットで少し情報を調べてみましたら、確かに、フジ子には、思い当たるフシがあります。



    【フジ子にある症状】

    コーギーは腰が弱いと聞いていたので、体重のこと、床のこと、段差の昇り降り、抱き上げ方・・・・いろいろ気をつけてはいたつもりでした。

    ① 四肢を均等に抱き上げるように気を付けてはいるのですが、何かの加減で、痛がって「キャン」と声をあげるときが、ありました。(1~2か月に1度くらい。)

    冬の寒くなり初めと、大寒波のやってきたとには、ソファーで寝ているところを触っても「キャン」と鳴くほどの痛みがでたのです。でも、1週ほどでよくなり、春になるとそれもなくなりましたので、安心していました。


    ※このときは、ホメオパシーを使いました。

    ■腰痛・打撲・筋肉痛の緩和として

    ●レメディー名:アーニカ Arnica (ポテンシー:30c) 

    投与回数:2回 (痛みがでた直後と、その翌日)

    記録をみると、痛みがでたのは、<2014年12月、2015年2月の2回>でした。

    ※ 他に、レメディー名:ハイペリカム Hypericum (ポテンシー:30c)
    も試しましたが、フジ子には、効果がありませんでした。


    フジ子が来て最初に獣医さんに行ったときに、「コーギーは頚椎椎間板ヘルニアが多いから、気をつけてやって。特に、太らせないようにね。」と言われていました。

    でも、冬に出た痛みはホメオパシーで1週間ほどで良くなり、春になって、痛みについてはほぼ症状がでていないこともあって、「ヘルニアじゃなかったんだ~。」と安心していたのでした。


    けれど、股関節形成不全で調べると、フジ子に当てはまる症状が他にもありました。

    ② 歩くとき、オシリフリフリのモンローウォークっぽくなっている。

    ③ 走るとき、ウサギのように両足をそろえてピョンピョンと走る。(そうじゃない走り方のときもある。)

    ④ ファーミネータをするとき、右の足の付け根にブラシがあたると、ビクッとして顔をあげることがある。(左足のときはほとんどしない。)

    ただし、当てはまらないものもあります。

    ⑤ 散歩をいやがったり、途中で歩かなくなる。 (途中から、遅くなることはありますが・・・。)

    ⑥ うしろから腰をマッサージすると、嫌がってペタンとオシリをついて座り込む。 (逆に、気持ちよさそうにしています。)

    これらの症状?は、フジ子の場合はでていません。


    でも、気になる症状は、かなり当てはまっているのも事実です。



    「病院によっては、すぐ『手術しましょう、手術しましょう』というところもあるから・・・その辺はよく考えてね。」とも言われましたが、どうしたらいいんだろう。


    人間でもそうなのですが、無茶な外科的な処置や、強いステロイド剤を使うことには、抵抗があります。

    でも、このまま放っておいて、悪化したり、ゆがんだまま固まってしまっては・・・・

    やっぱり、一度病院にいってみよう。



    これから、病院などを調べてみようと思います。


    お友達ママさんから教えていただいた、「コンドロイチンとグルコサミン」。 


    人間用でも体重比であげればよいそうなので、少量から試して続けてみようと思います。(6月15日スタート。)



    昨日は、思い悩んで、あろうことか月に一度のパナメクチンチュアブル(フィラリア予防薬)をあげ忘れてしまいました


    1日遅れたけれど、今朝のゴハンで、「あたい、これ大好きです。」とお薬を掘り出して嬉しそうに食べていたなぁ、フジ子。


    言葉が話せないフジ子。

    痛くっても、歩きたくなくっても、言えないこともいっぱいあるんだろうなぁ。


    いっぱい、気が付かないことがあって、ごめんね。

    フジ子のことが、もっとわかるように頑張るからね。


    P1000102 (2)

    「雨ニモマケズ

     風ニモマケズ・・・」



    P1000105.jpg

    「雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

     丈夫ナカラダヲモチ・・・・」


    P1000134.jpg

    「イツモシヅカニワラッテヰル・・・・・」



    「・・・・・サウイフモノニ ワタシハナリタイ」




    フジ子にとって、一番よい方法に、どうか、どうか。

    出会えますように。

    テーマ : ウェルッシュ・コーギー
    ジャンル : ペット

    ノミ・ダニ予防  Flea and tick preventative

    ノミ・ダニの季節がやってきました。

    私もダンナさんも、残念ながらかなり薬剤には敏感に反応してしまう体質らしく、市販のガーデニング用の殺虫剤でも粘膜が腫れてしまったり、ダンナさんも仕事先で触れた薬剤で気持ちが悪くなって、あわや救急車騒ぎになったり・・・

    処方される犬のノミ・ダニ駆除剤の成分をみると、やはり不安になりました。

    個体差・個人差も大きいのでしょうが、ネットで調べると、ほんとうにたくさんの不安になる情報がでてきます。



    去年フジ子がうちに来たのが10月も終わりのころで、もうダニーズのシーズンも終盤だったこともあり、結局、獣医さんで出していただいたフロントラインは使わずに、「ヒバオイルスプレー」で乗り切り冬を迎えました。


    今年もできれば、フジ子も自然のもので何か虫よけに、と思っていろいろ調べたり試してみましたが・・・・


    ネットには様々な情報が氾濫しています。


    ワクチンや狂犬病の予防接種について調べたときにも痛感しましたが、結局はそれぞれのワンちゃんの体質、環境、年齢や病歴も含めて様々なケースがあり、情報については納得いくまで調べたたうえで、あくまで「うちの場合は」で最善だったというものを見つけるしかないんだなぁ、と思いいたりました。 (あたり前のことなんですが、これが難しいです・・・。)


    何とか、自然のもので・・・と思っていましたが、フジ子地方はマダニの被害の報告が流れる中国地方です。


    いろいろ悩みましたが、今年は、「ネクスガード」に踏み切りました。


    近くの動物病院にいくつか問合せたものの、まだ取り扱われているところがありませんでした。



    心配はありましたが、今回は評判などを調べて、通販の「ペットくすり」さんのサイトから購入しました。

    注文して、銀行から振込みをして、ほぼ1週間ほどでシンガポールより郵便小包で到着。

    P1000150.jpg
    (何度やっても、画像がタテになっちゃうので、このままで失礼します。)

    副作用などについて、海外のサイトも含めて調べてみたのですが、まだ日の浅い(昨年発売)藥ということで、情報も限られています。

    最も多く報告されている副作用は「嘔吐、皮膚の乾燥・荒れ、下痢、無気力、食欲減退」とのことでした。

    フィラリアのチュアブルが毎月15日なので、重ならないように、月初でフジ子の体調の良い日の土曜の午前中に服用することにしました。(=獣医さんが開いていて、何かあったらすぐ駆けつけられるように、と。)


    評判通り、「食いつき」はバッチリでした。


    フードに混ぜましたが、わざわざ掘り出して一番に食べていました。


    お水もしっかり飲んで、この日は一日安静にして様子をみていました。


    報告されているその場ででる副作用については、大丈夫そうでした。


    晩のウンチ、おしっこも快調です。食欲もまったく衰えません。


    (何と言っても藥ですから、肝臓値等に影響はでているのかもしれませんが。)

    ● まずは、ネクスガード、第一回投与(2015年6月6日)が終わりました。



    【追記】

    ネクスガードを決断するまでに、何とか自然のもので、といろいろ調べました。

    その記録も忘備録として残して置きたいと思います。



    続きを読む

    テーマ : 犬のいる生活
    ジャンル : ペット

    2014/2015 おくすりメモ  Medication memo

    忘備録として・・・

    <2015年>
    ■6種混合ワクチン 2015年9月2日 接種
    (対応感染症:ジステンパー、犬伝染性肝炎(A1)、犬伝染性咽頭気管支炎(A2)、犬パラインフルエンザ、犬パルボウィルス、犬コロナウィルス)

    ■狂犬病予防注射  




    ■フィラリア予防薬

    薬名:パナメクチンチュアブルP 
    (犬糸状虫症予防・消化管内戦中駆除剤)

    ◇ 2015年4月15日 1回目 投与
    ◇ 2015年5月15日 2回目 投与
    ◇ 2015年6月16日 3回目 投与
    ◇ 2015年7月14日 4回目 投与
    ◇ 2015年8月16日 5回目 投与
    ◇ 2015年9月11日 6回目 投与
    ◇ 2015年10月16日7回目 投与
    ◇ 2015年11月15日 8回目 投与 (あと1回必要なので12月に獣医さんに行くこと。)

    ・8回分(4/15~11/15)まで。8回分を処方。

    ・「5月~12月まで8回、毎月15日に内服」とあるのですが、「気になるなら早めに飲ませて大丈夫ですよ。」とのことだったので、4月からスタート。

    ・・・・・初めての夏なので、忘れないようにしなきゃ。

    ★9月のワクチンのときに12/15分を追加でもらうこと。

    ◇ 2015年12月15日 8回目 投与


    【メモ】

    ・フードに埋めて与えたら、匂いがよいからか、掘り出して最初に食べていた。食いつきはバッチリ。

    ・翌朝、いつもは朝食後の排便が、朝起きてすぐにトイレで回り出して排便。

    ・翌朝のおしっこは、量は十分だけれど、最近にしては、かなり黄色い尿。

    ・お昼過ぎにも、もう一度排便。普段は朝夕2回なのに。大勢のお客さんが来て興奮したからかも?(下痢ではないしっかり便。量は通常通り。)


    *************************


    フロントライン®に代わるものとして、今気になっているもの。

    ■ネクスガード® 「犬のノミ及びマダニの駆除」

    フロントライン®は、成分が心配で、去年は処方してもらったけれど使わずじまい。

    (先生も、すでに秋も終りだったこともあってか、あまり積極的ではなかったし。)

    去年は、ヒバオイルのスプレーで、虫よけをしていたけれど、これから本格的に夏になって、虫オンパレードの季節がやってきたらどうなるものか心配。

    ネクスガードは、「イソオキサゾリン系のアフォキソラネルを含有する経口剤(ソフトチュアブル)」となっていて、アフォキソラネルは節足動物のみに効果のある成分とのこと。

    今までのフロントラインのようにワンちゃんの体に負担がかかりにくいそう。

    皮膚の弱い子でも大丈夫、とあるのだけれど、どんなものでも「藥(クスリ)はリスク」と思うしなぁ。

    やっぱりもう少しよく調べてから・・・。

    この前、フィラリア予防薬頂きにいったとき、先生に聞けばよかったなぁ。

    **************************************

    ※ 2015年6月6日 追記

    ■ノミ・マダニ駆除

    藥名:ネクスガード® 
    (ネクスガードチュアブル中型犬用   体重4.5kg以上の犬から体重11kg未満の犬 6チュアブル入り)


    ◇ 2015年6月6日 1回目 投与 (12月6日まで1か月ごと投与)
    ◇ 2015年7月4日 2回目 投与 
    ◇ 2015年8月2日 3回目 投与
    ◇ 2015年9月2日 4回目 投与
    ◇ 2015年10月3日 5回目 投与
    翌日8月3日夕方:息があがり瞳孔が開く。「ハウス」といってもケージに入りたがらない。落ち着きがない。深夜に嘔吐(1回目)。
    明け方、もう一度、ケージ内で嘔吐。(もしかしたら、夕方あげたスイカが原因?熱中症?)
    翌々日8月4日:[朝食]湯でふやかしたフードを通常の半量与えるが、2時間後、午前10時ごろトイレで嘔吐。異物はなし。その後、ヨーグルト水を100㏄飲んだ1時間後に、布団の上で少量嘔吐。<排便・排尿>投与翌日(8月3日)一日排便なし。尿の色は一日中、黄色く濃い。水は朝、晩食事痔に計400ccのみ。)8月4日、朝、排便あり。寝起きの尿は濃い黄色。ヨーグルト水を飲んだあとは、色の薄い尿になった。
    ◇ 2015年9月3日 投与
    9月2日に6種混合ワクチン接種のため遅らせて投与。
    ◇ 2015年10月3日 投与

    ************************************


    <2014年の記録>

    ■フィラリア予防薬
    (11月、12月分まで服用。)

    ■9種混合ワクチン 2014年9月26日 接種
    (対応感染症:ジステンパー、犬アデノウィルス(2型)、犬パラインフルエンザ、犬パルボウィルス、犬コロナウィルス、犬レプトスピラ)

    ■狂犬病予防注射  2014年11月1日 接種

    「5種ワクチン」→「狂犬病」は、4~5週間空けてください、とのこと。

    「狂犬病」→「5種ワクチン」だと1週間程度でよいそう。


    いずれにせよ、念のため1か月以上は空けて連れて行こう。



    P1040910.jpg
    「頑張れ、飼い主一年生!」




    プロフィール

    Fujicorgi

    Author:Fujicorgi
    犬初心者の我が家に、元保護犬の小さなコーギー「フジ子」(推定3歳)がやってきた。鳴かない、遊ばない、ドッグランでも走らない・・・犬らしからぬ超ゆるゆる犬「フジ子」との犬生活がスタート。試行錯誤しながらの、フジ子との日々をのんびり更新中。

    いくつになったの
    フジ子記念日
    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Corgi Fujiko's Diary